5人組グループ・HiHi Jetsの「日本破壊」発言にジャニーズ事務所が大慌てのワケ

5人組グループ・HiHi Jetsの「日本破壊」発言にジャニーズ事務所が大慌てのワケ

イメージ画像:josemanuelerre

「ジャニーズ事務所はいま、火消しに躍起になっていますよ」

 そう証言するのはスポーツ紙記者だ。ジャニーズJr.の5人組アイドルグループHiHi Jets(ハイハイジェッツ)」のメンバーが、コンサートで「『日本破壊』ってツイートしてね」などと呼びかけていたことが公になってしまったのだ。大々的に報じたのは、ネットサイト「J‐CASTニュース」で、ジャニーズ事務所は問題の発言を認め、有料会員限定サイト内で謝罪した。

 同サイトによると、問題の発言があったのは8月18日、HiHi Jetsが東京・六本木で開催したイベント「パパママ一番 裸の少年 夏祭り!」。コンサート終了間際、メンバーの猪狩蒼弥(いがり・そうや)が「みなさん『日本破壊』ってツイートしてね!」と呼びかけた。同イベントはジャニーズJr.公式動画配信サイト「ISLAND TV」で生配信されており、何らかのワードをツイッターの「トレンド」に入れたいとして、上記の発言をしたという。

 結果、「日本破壊」というワードはツイッタートレンド入りを果たしたものの、終戦記念日(15日)直後ということもあってか、ネット上では「不謹慎だ」「KYすぎる」といった批判が殺到。これを受け、ジャニーズ事務所は有料会員サイト「Johnny’s web」上で19日、「日本破壊」についてHiHi Jets名義で謝罪文を掲載した。

「あくまで身内の間で済ませたかったが、J‐CASTが報じて、公に知られることになってしまった。猪狩さんに思想的な偏りはなく、『日本破壊』というワードは、グループの認知度を上げるために使っただけ。しかし、このご時世では、そんな言い訳が通用しない相手もいる」(スポーツ紙記者)

 それはズバリ、右翼だ。昨年10月には韓国グループ「BTS」のメンバーが通称「原爆Tシャル」を着用していたことがわかり、同11月に開催された東京ドーム公演では右翼関係者が会場周辺で抗議する事態となった。

 「ジャニーズが恐れているのは、マスメディアではなく、右翼の抗議活動です。日韓関係が過去最悪に悪化していることも、悩ましいところでしょう。こういうのはあらぬ憶測を呼びかねませんからね。ジャニーズは御用マスコミにこの件を報じないよう、クギを刺しているそうです」(ワイドショー関係者)

 それにしても、先月9日にジャニー喜多川さんが亡くなってから、ジャニーズは踏んだり蹴ったり。1度、お祓いにでも行った方が良さそうだ。

関連記事(外部サイト)