氷川きよし、デビュー20年目にしての”セクシー覚醒”で年末の音楽界の目玉になるか

氷川きよし、デビュー20年目にしての”セクシー覚醒”で年末の音楽界の目玉になるか

日本コロムビア公式サイトより

 歌手の氷川きよしが6日、大阪城ホールでデビュー20周年記念コンサートを成功させたことを、各スポーツ紙が報じた。

 各紙によると、8月30日開催のアニソンイベント「アニサマ2019」に2年ぶりに出演したときの衣装をバージョンアップした派手なコスチュームで「限界突破×サバイバー」をクレーンに乗って熱唱。天使の衣装でブランコに乗って「あなたがいるから」を歌ったり、新曲「大丈夫」を披露するなど全44曲を歌い上げ、1日2公演で合わせて1万6,000人を魅了したという。

「これまでは『演歌界のプリンス』のイメージをキープしようと気張っていたが、今年に入ってからは覚醒したのか、”素の部分”をさらけ出し始めた。8月8日の神宮球場の始球式ではセクシーな美脚をさらけ出したホットパンツ姿で注目を浴びたり、テレビ番組では自分のことを『あたし』と言ったり、おネェ言葉を使うなど突然のキャラ変で驚かせています」(音楽業界関係者)

 昨年まで19年連続でNHK紅白歌合戦に出場。現状では今年も“当確”だと思われるが、今年の注目は歌唱曲だという。

「『限界突破−』がネットで若い世代から好評を得ています。紅白の制作サイドは近年、若者からの支持を重視しているので、最初は持ち歌の演歌曲をしっとり歌い、そこから早着替えで衣装チェンジをして『限界突破|』を歌う可能性もありそうです」(同)

 さらに、デビュー20周年のメモリアルイヤーでの戴冠もありそうだというのだ。

「レコード大賞の大賞候補に浮上しています。2006年に『一剣』で大賞を獲得しているが、今年はめぼしい大賞候補がいないこともあり、『氷川に取らせるのもありでは』との声があがっている」(芸能記者)

 デビュー20年で突然、ナチュラルに覚醒した氷川。メモリアルイヤーの年末を華々しく飾れるかが注目される。

関連記事(外部サイト)