関ジャニ∞錦戸亮、ジャニーズ退所後に稼ぎが何倍にも膨れ上がる「独立後のカラクリ」

 早くも発令”されたという。9月いっぱいでジャニーズ事務所を退所することになった「関ジャニ∞」の錦戸亮。ここ数年、ジャニーズの人気どころが次々と退所しているが、錦戸の場合は、良く言えば「自立」。悪く言えば「ワガママ」だったという。

「”アイドル”を演じるのが辛くなってきたということですね。俳優としての仕事や本格派歌手と仕事をするうちに、関ジャニ∞で、バラエティー番組に出演したり、コントをしていることを恥じるようになってしまった。1年前の渋谷すばるの脱退で、錦戸も関ジャニ脱退を心に決め、以後は全くやる気がなかったようです」(スポーツ紙記者)

 ジャニーズ側はそんな錦戸を翻意させるべく、連ドラの仕事を取ってきたりもしたが、本人の気持ちが戻ることはなかった。

 それどころか「関ジャニメンバーとは距離を置き、事務所幹部からの電話にも出ない。自ら孤立する方に向かっていった。こんな調子では他のジャニーズタレントにも悪影響を及ぼす。最終的にはジャニーズ事務所も彼を切る′断を下した」(前出の記者)という。

 退所後、錦戸は年内にも新たな個人ファンクラブを設立し、俳優&歌手として再始動したい構え。関ジャニきっての人気を誇っていただけに、ファンクラブの会員数は相当数にのぼるだろう。

 渋谷の時はファンクラブ入会受付開始から3日で3万人に達した。年会費は入会金含めて5,500円なので、それだけで単純計算で1億6,500万円。錦戸の人気を同程度と考えても、それだけで、ジャニーズ時代よりも稼ぎが良くなる。

「錦戸の年収を3,000万円前後として考えても、退所後は5倍以上にハネ上がる計算です。ジャニーズ側にしてみれば、ワガママで出て行った上に、事務所在籍時よりも稼がれてはたまったものではない。今回も裏では『錦戸は絶対許さない!』と言い切っている。1番敏感なのはテレビ局。錦戸本人はこれまで以上に俳優業をやりたいそうだが、まず出れない。映画も大手配給のところは無理。それこそ、メディア各社のジャニーズへの忖度は揺るぎません。それでも錦戸が強気なのは、ファクラブの年会費という固定収入が約束されているからなんです」(芸能プロ関係者)

 錦戸亮に勝算ありか?

関連記事(外部サイト)