フジテレビW杯バレー、会場の悪マナーファンが減ったのは、ジャニーズWESTに人気がないから!?

フジテレビW杯バレー、会場の悪マナーファンが減ったのは、ジャニーズWESTに人気がないから!?

(c)日刊サイゾー

 9月14日に開幕した「FIVBワールドカップバレー2019」。日本戦全試合を生中継するフジテレビは、ジャニーズ事務所の 7人組アイドルグループ・ジャニーズWESTをスペシャルサポーターに起用、大会テーマソング「Big Shot!!」を歌い、大会を盛り上げている。

「フジテレビのバレー中継では、ジャニーズの新人グループがスペシャルサポーターを務めることが多かったのですが、ジャニーズWESTはデビュー6年目ということで、異例の中堅からの起用ともいえますね。まあ、現状ジャニーズWESTはまだブレイクしきれていませんし、錦戸亮の脱退で関ジャニ∞が危機的状況にあることを考えると、“ポスト関ジャニ∞”を期待されているとも言えるでしょう」(テレビ誌ライター)

 人気や勢いという点では少々物足りなさも感じるジャニーズWEST。会場での盛り上がりはどうなのだろうか?

「それなりに盛り上がっていますよ。ただ、いかんせんメンバーの知名度が低いので、ジャニーズWESTのファン以外への求心力が決定的に足りない。SNSで言及しているのはファンだけだし、ここから広がるとは考えにくい。何かしらネットでバズるようなニュースがないと、どうしようもない感じです」(メディア関係者)

 また、ジャニーズタレントをバレー大会のサポーターに起用するたびに問題となるのが、ジャニーズのファンのマナー。つまり、バレーに興味はないが、ジャニーズタレントを観たいがために会場に足を運ぶファンが多く、そのなかにはルールを破った応援をしているケースが見られるのだ。

「基本はバレーボール観戦なので、本来であればジャニーズ応援用のうちわやペンライトなどは、あまり持ち込むべきではないと言われています。でも、今回もやはりうちわやペンライトを持ってジャニーズWESTを応援してるファンがいて、バレーボールファンやその他の視聴者からは批判の対象となっています。そういったマナーが悪いファンのせいで、ジャニーズWESTのイメージも悪化するでしょう」(同)

 しかし、中にはこんな意見もある。とあるバレーボールファンは、9月14日と15日にフジテレビで放送されていたワールドカップバレー2019女子の日本戦を見て、こんな感想を述べている。

「ジャニヲタのマナーについては毎回注目しています。今回も、確かにうちわなんかを持ち込んでいるファンもいますけど、これまでよりは少なくなった気もします。それだけマナーが良くなっているということかもしれませんが、一方で、そもそも例年よりもジャニヲタが少ないのではないかとも言われているんです。ジャニーズWESTの人気が低いから、マナーの悪いジャニヲタも少ないのでは…ということ。大会を盛り上げるのがジャニーズの役目なのだから、マナーが悪くなるのは困るけど、正直ジャニーズWESTにはもっと注目されてほしいです」(同)

 大会はまだ始まったばかりであり、ジャニーズWESTの貢献度を計るにはまだ早い。とはいえ、低調な走り出しに不安を覚えるバレー関係者も少なくなさそうだ。

関連記事(外部サイト)