山口真帆、芸能活動再開後は理不尽バッシングの標的に……能年玲奈の騒動と共通点も!?

山口真帆、芸能活動再開後は理不尽バッシングの標的に……能年玲奈の騒動と共通点も!?

山口真帆公式インスタグラムより

 ファンによる暴行被害を告発し、NGT48を卒業した山口真帆。現在は大手芸能事務所・研音に所属し、9月17日には初写真集『present』も発売。また、写真集発売の前日となる16日には、フジテレビ系『ノンストップ!』のロケコーナーに出演。卒業後初となるテレビ出演を果たした。

「『ノンストップ!』ではフジテレビの久代萌美アナと2人でマカオを旅行するという内容のVTRに出演しました。襲撃事件については一切触れておらず、もちろんNGT48についても言及しませんでした」(週刊誌記者)

 9月に入ってから『週刊文春デジタル』で、襲撃事件の犯行グループと元々繋がっていたとも報じられた山口。事件の真相は明らかになっていない状況だが、その報道も影響してか山口に対するバッシングも起きている。

「当初は襲撃事件を公表しなかった運営サイドを責める声が多かったものの、ここにきて山口にも非があるかのような報道が出たことで、世論が分裂し始めています。事件に対していろいろな意見をいうならまだしも、『滑舌が悪い』とか『山口真帆レベルなら結構いる』『観るとイラつく』『炎上商法うますぎやな』などと、事件とは関係ない理不尽な部分で山口が叩かれることも増えている。いろいろな意見があってもいいとは思いますが、山口を個人攻撃するかのような方向に進んでいるのが気になります」(同)

 現在の山口真帆の状況について、のん(能年玲奈)との共通点を指摘する声もある。とある芸能事務所関係者はこう話す。

「山口さんものんさんも、運営(=所属事務所)とのトラブルで事務所をやめていて、そのトラブルの内容について、本人側と運営側の両サイドから相反する見解が出ているという状況。さらには、双方を支持する報道があって、どれが本当なのかもよく分からない。世間も“誰を信じるか、どの報道を信じるか”で、立場が完全に分かれてしまっていて、なんとも混沌とした状態です」

 確かに、のんの移籍騒動については、旧所属事務所が“ブラック”であるとの報道もあれば、“そもそも能年玲奈の素行が悪かった”などという報道もあった。どちらかを信じるかによって、攻撃対象が変わるということであり、山口もまた同じ状況だ。

「最初は山口さんの襲撃事件についてNGT48の一部のメンバーの関与が取り沙汰され、そのメンバーに対する過剰なバッシングが批判されていました。しかし、今度は山口さんに対するバッシングが始まった。こうなると、いつしか“叩く”ことが目的になって、本当の目的だったはずの事件の全容解明にたどり着かないことが多い。実際、のんさんの移籍トラブルについても、何が真実だったのか不明瞭なままですから」(同)

 では、襲撃事件騒動はどこに進んでいくのだろうか?

「結局、散々騒がれても、すべての情報が明らかにならないままで、ただただ時間が過ぎているという形。山口さんを含めた当事者たちも、すべての情報が明らかになることを望んでいない可能性も高い。すでに山口さんは研音に移籍して、それなりに安定した状態で芸能活動を続けることができそうだし、これ以上何かを話すメリットもない。このまま何も新しい情報が出てこないで、事件は風化する可能性が高い」(同)

 誰かを叩いたところで、何か新情報が出てくるというわけではない。もしも本当に事件の真相を知りたいのであれば、無意味なバッシングは続くべきではないということだ。

関連記事(外部サイト)