『バチェラー3』は悪魔だらけ? 大本命のプロ彼女っぽさ、壮絶な過去の告白に漂う計算臭

『バチェラー3』は悪魔だらけ? 大本命のプロ彼女っぽさ、壮絶な過去の告白に漂う計算臭

バチェラー・ジャパン公式Twitterより

 9月13日より、リアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』(Amazon Prime Video)待望のシーズン3配信がいよいよスタートした。初回は、エピソード1〜3までまとめて一挙配信という太っ腹である。

 世に恋愛リアリティショーは多いが、この番組は一味違う。複数男子―複数女子という組み合わせではなく、1人のハイスペック男性(通称「バチェラー」)が複数の女性とデートを繰り返すという構図。エピソードが進むごとに女性の数は絞られ、最後に残った1人とバチェラーが交際をするというシステムだ。

 まず、参加女性の狙う異性が1人しかいないというのがいい。プライドを守るため本意ではない男と恋愛するなど、まどろっこしい真似をする者は出てこない。自分の気持ちにウソをつくという選択肢は存在せず、だからこそ女の嫉妬が丸出しになる。結果、我々は恋愛番組ではなく、『ASAYAN』(テレビ東京系)のモーニング娘。オーディションや『アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ系)のようなサバイバル番組を観ている感覚に陥るのだ。『あいのり』(フジテレビ系)で感じたような甘酸っぱさは皆無!

 今回、バチェラーとして登場したのは貿易会社を経営する友永真也(31)。神戸で病院経営する医師の御曹司で、6年間のフランス留学経験があるという筋金入りである。しかも、長身の超イケメンだ。

『バチェラー3』に臨むにあたり、友永は指輪を用意してきていた。今回選んだ女性との交際を彼は“最後の恋愛”にするつもり。つまり、彼は結婚相手を選びにきているのだ。女性を選ぶ際の最優先事項は、その人との将来を想像できるか否か。

「僕は家族を築き上げたいと思っています」(友永)

 友永と20人の参加女性の、初対面の日がやってきた。ちなみに、『バチェラー3』への参加希望者は約1500人に上ったそう。その中から、番組はあえて変わり種を採用した節がある。一番の驚きは、バツイチのシングルマザー・田尻夏樹(31)の参加だった。11歳の長男を持つ彼女は、事前の紹介動画で「子どもがいなくなった後に私を癒やしてくれる優しい旦那様が欲しい」と発言している。思春期の息子がいるのに、そんなこと言っていいのだろうか!? あざとさを感じる笑顔からは、母親感がまったくうかがえない。友永は、特に「家族」を大事に考えるバチェラーなのだが……。

 一方で、ファーストコンタクトで、いきなり友永のハートを射抜いた女性が登場した。それは、山梨でぶどう農家の両親を手伝っている岩間恵(25)。彼女が登場した瞬間の友永の顔は、ほかの参加者に見せるそれと全然違った。「うおっ、もろタイプ!」と、露骨に顔に書いてある。確かに、岩間は容姿がいい。檀れいみたいな上品さをまとった、多くの男が好きになるであろうタイプ。素朴さがあり、両親に紹介しやすそうなのもグッド。結婚相手を探し求める友永にぴったりだ。

 案の定、ファーストインプレッションローズ(獲得者は次回への残留が約束される)を受け取ったのは岩間だった。ただ、バチェラーシリーズには「ファーストインプレッションローズをもらった女性は最後まで残れない」というジンクスがある。ファーストシーズンの鶴愛佳も、セカンドシーズンの岡田茉里乃も、どちらも途中で脱落した。

 友永がすべての参加者と対面を終え、次に行われたのは、全員で共に過ごす「カクテルパーティ」である。このとき、友永はあることを心掛けていた。

「自分から誘わない。一番勇気のある人が知りたいっていうのはありますし、それもその女性の強さなのかなあって」(友永)

 心配することはない。すべての参加者がツーショットにありつきたいと考えているし、多くの者が行動を起こしている。ある女性が友永と2人きりで話していると、ほかの女性が「私も話したいです!」と割り込み、その女性が友永とツーショットになると、また別の誰かが……というループが会場内では展開された。

 その流れの中、ある事件が発生する。バチェラーとある女性が2人きりで話しているのを遠目から見る参加者たち。すると、5〜6名の女性が不思議系キャラの社長秘書・国分亜美(29)をつかまえ、「亜美、行ってきたら?」「“喉渇いてませんか?”って」とツーショットの邪魔をけしかけたのだ。邪魔はしたいけれど、バチェラーから厚かましく思われたくない。だから、自分で行かずに無理やり国分をたきつける。こすいとしか言いようがない。女のカッコ悪い部分が出ている。

 皆から背中を押された国分は、友永らの会話に割り込んでツーショットを中断させた。使命を終えて帰ってきた国分に、ほかの参加者が「あなたみたいなキャラは忘れるわけないじゃん(笑)」と半笑いで話しかける光景は地獄。早速出来上がったヒエラルキーは、もはやいじめの構造そのままだった……。

 女性は、別行動を取る女を許さない。大勢の女性が友永に群がる中、あえて近付かず友永の視線の先でたたずむ策をとったのはシンガーの金子実加(29)だ。彼女への包囲網もしんどかった。3〜4人の参加者が固まって、金子のやり方を陰でコソコソくさしている。

「出た、あざと作戦! なんか寂しいふりしとる、本当は寂しくないのに(笑)」

 意地悪く嘲笑するその姿をカメラはバッチリ捉えているが、いいのだろうか? 猫をかぶる女性の素をあらわにさせるカクテルパーティは、バチェラーにおける大きな見せ場のひとつだ。

 結局、国分を含む5人が脱落した。

 エピソード2で最初に行われたのは、ツーショットのヘリコプターデート。友永が相手として指名したのは、やはり岩間だった。

 上空で、はしゃぎにはしゃいだ2人。ヘリが着陸して地上に降り立つと、眼前に用意されていたのは赤いオープンカーである。

「神戸からフェラーリを持ってきました。これでドライブに連れていきます」(友永)

 その割に、ナンバープレートに「奈良」の文字が記されているのはなぜだろう……? 神戸から持ってきた謎の“奈良ナンバーフェラーリ”で2人はドライブを満喫する。目的地は夕日が見える絶景ポイントだ。

 車を止めた友永は、初対面時に岩間から受け取ったジャムを取り出した。夕日をバックに2人が行ったのは、ジャムの食べさせ合いっこ。同じスプーンでお互いがお互いの口にジャムを持っていってあげるのだ。これって、間接キスじゃないの! 出来上がったカップルにしか見えない2人。岩間をバックハグする友永は、静かに語りかけた。

「会ってすぐやねんけど、ほんまに好きになってほしい。好きになってもらうように俺は努力するし」(友永)

 すごいアドバンテージだ。ほかの参加者に対し、友永は「楽しもう」「いい思い出にしよう」的なことしか言っていないのだから。ここまで直接的な表現をしたのは、岩間に対してだけである。

 続いて行われたのは、グループデート。犬たちと戯れるドッグデートだ。犬を愛する友永は「“犬嫌いです”って言う人を僕は選ばないです」と断言! そんな中、異変が発生した。社長令嬢の高田汐美(26)がシクシク泣いているのだ。彼女は犬が嫌いなのか? ……と思いきや、「飼っていた犬が去年死んだから、見ると悲しくなっちゃう」と高田は涙の理由を明かした。責任を感じた友永は高田の手を握り、心から謝罪。そして、彼女をツーショットのクルーザーデートに誘った。

「やばい! うれしい!! 飼ってたわんこの愛が伝わったんだと思います(笑)。本当にわんこに感謝です」(高田)

 ここで野暮なツッコミをひとつだけさせていただきたい。忘れられない場面があるのだ。初めて犬を見た瞬間、確かに高田は「かわいいー!」と声を上げ、犬に手を振って駆け寄っていた。そんな大はしゃぎがあってからの唐突な大号泣。単に悲しみにフタをし、無理に明るく振る舞っていただけかもしれない。でも、これはバチェラーだ。どうしてもうがった見方をしてしまう。もしこれが計算だったとしても、功を奏すならば高田は褒められるべきである。

 高田とは逆に覚悟の足りなさを露呈したのは、看護学科に通う女子大生の浦田直佳(22)だった。来春に大学を卒業し、看護師になる浦田。そんな彼女に友永は「どこら辺で働くの?」と質問、浦田は「このまま何もなければ都内」と返答した。

 浦田からすれば「選んでくれるなら神戸に行きます」という遠回しの表現だったのだろうが、バチェラーという場で、その回答はヌルすぎる。大勢の女性の中から、友永は結婚相手を探しにきているのだ。だからこそ「どこでも働けます!」と、バシッと言っとくべきだった。案の定、浦田はほか2名と共に、このエピソード2で脱落した。

 エピソード3で行われたのは、グアムでの水着デートだ。水着ということは、バチェラーに女性陣が色仕掛けを行える貴重な機会!

 ここで気を吐いたのは、シングルマザーの田尻だった。目いっぱい遊ぶほかの参加者は全身びしょ濡れなのに、彼女だけはどこも濡れていない。当然、髪はきれいにセットされたままだ。万全の状態で友永と共にハンモックで寝そべる田尻。上目遣いでじっとりと相手を見つめる表情はあざとい。さらに「この体勢のほうが楽」と友永の片足を両足で挟み込み、ぴったりと密着してみせた。あからさまにデレデレする友永!

 今までさほど積極的にアプローチしてこなかった田尻も、友永の反応には自信を深めた模様。水着デート以降、一転して彼女は積極的になった。同時に、田尻のあざとさに危機感を持ったほかの女性陣が今まで以上に積極的になる姿は興味深い。あの岩間でさえ、田尻の台頭にソワソワしているのだ。

 田尻以上に露骨な色仕掛けを繰り出したのは、下町娘の加賀美碧(26)である。

「(田尻)夏樹は腕枕してたので、私も友永さんの乳首舐めるって作戦を立ててたんですけど(笑)」(加賀美)

 耳を疑う発言だ。でも、さすがに乳首は舐めなかった。彼女が選んだ作戦はオイルマッサージである。仰向けになる友永に馬乗りし、ねっとりとオイルを塗り込んでいく加賀美。体勢は完全に騎乗位か素股のそれだ。こんなことをしていたら普通に下半身は反応すると思うのだが、ジェントルな友永は前張りでもしていたのだろうか……。

 さて、この色仕掛けは果たして功を奏したのか? 結果は失敗だった。エピソード3で加賀美は脱落している。もちろん、男はエロい女性が嫌いじゃない。でも、それとこれとは話が別。友永による「(加賀美は)将来の奥さん像ではない」という寸評は元も子もなさすぎて笑った。確かに、オイルまみれになって急にまたがってくる女性は結婚相手に選びたくない。

 水着デートが終わると、友永は広告代理店広報・野原遥(28)を2人きりの特別デートに誘った。「家族旅行でもプライベートでも来るグアムは思い入れのある島」と語る友永同様、野原もグアムには浅からぬ因縁があった。6年前にグアムで起こった無差別殺傷事件に、野原は巻き込まれていたのだ。事件直後は起きることもできない状態だったものの、懸命の努力で彼女は回復した。

「それができたのは、やっぱり家族の存在があったから。支えてくれる家族と親戚が近くにいたら、ここまでやってこれた。だからこそ、家族という大切な存在を、私は自分で築いていきたいと思う」(野原)

 すさまじい過去である。そして、その過去に屈しない強さが、彼女からは感じられる。野原の根源にあるのは家族の存在だった。

 ここで、どうしても、ある1シーンを思い出してしまう。エピソード1でファーストインプレッションローズを受け取ったのは岩間だった。あのとき、野原は岩間に「(友永と)何話したの?」と質問した。岩間は「家族のこと、私の家族の話」と返答。これを受け、野原はこんな考えを告白した。

「今後、私がどうアプローチしていくか、作戦を練り直そうかなって思ってます」(野原)

 彼女の練り直した作戦が、家族を軸にした過去の告白につながっているとすればあっぱれだ。バチェラーで勝ち抜くには、このくらいのしたたかさは絶対に必要。そういう意味でも、野原は強い。

 その後、グアムでも恒例のカクテルパーティは行われた。「より開放的に、みんなの心を開きにいきます」と意気込む友永は、とにかく飲みまくるのだ。ある種の義務感を下敷きにした飲みっぷり。

 終盤、友永のところにシャンパングラスを持っていたのは岩間。浴びるように飲み続ける友永に、彼女は追加のグラスを手渡した。そのグラスに口をつけた友永は、あることに気付く。岩間が持ってきたグラス、実は中身がジンジャーエールだったのだ。素晴らしい気遣い! ただはしゃぐだけの女性陣を尻目に、奥さんのような存在感をこっそりアピールする岩間。やり手である。やり手すぎて、プロ彼女的な匂いを彼女から感じ取ってしまった。スタジオにいる指原莉乃の「岩間さんは結構計算してると思う」というコメントには筆者も同意だ。

 エピソード3が終わり、残る参加者は計10人。あっという間に、ここまで絞られていた。現時点での大本命は、やはり岩間だろう。今のところ、彼女から欠点らしい欠点はまるで見当たらない。頭1つどころか胴1つ分抜け出ている印象がある。

 そして、個人的にダークホースとして注目したいのは現役看護師の城田夏奈(23)だ。派手めなルックスの参加者が多い中、城田の地味さは逆に際立っている。ここまで勝ち残っているのも不思議なほど。

 ただ、地味だけど、彼女のような存在は世の中のニーズとして確実にある。いわゆる、オタサーの姫感が、城田からはプンプンするのだ。おとなしそうだが、バチェラーに応募する時点で野心を隠し持っているのは確実。そして、最も気になるのは、参加者の中で城田の紹介動画だけ、公式Twitterで公開されていないということだ。後で起こるサプライズのため、あえて情報を伏せているのか? 「シーズン3は史上最強に女の子が悪魔だらけ」という前評判が気になって仕方がない。

(文=寺西ジャジューカ)

関連記事(外部サイト)