『Iターン』長すぎた膠着がようやく大爆発! ”覚悟”と”誤植”で救世主になったムロツヨシ

『Iターン』長すぎた膠着がようやく大爆発! ”覚悟”と”誤植”で救世主になったムロツヨシ

テレビ東京『Iターン』

 9月13日に放送された『Iターン』(テレビ東京系)の第10話。これまでの2カ月強、ほとんどストーリーに進展のなかったこのドラマの溜めが一気に爆発した第10話だった。待たされ続けただけにカタルシスは大きいが、いくらなんでも膠着が長い!

第10話あらすじ 「覚悟って、もともとあるのではなく自分で作るものよ」

 岩切組に警察のガサ入れが入る。しかし、事務所から拳銃は見つからなかった。竜崎剣司(田中圭)は狛江光雄(ムロツヨシ)に「エス(スパイ)を続けてチャカの隠し場所を探れ」と命じる。狛江は抵抗したが「お前がスパイだとバラしてもいいのか?」と脅され、泣く泣くスパイを続けることに。

 宣告社の阿修羅支店でうなだれている狛江。心配した柳直樹(渡辺大知)と吉村美月(鈴木愛理)が話しかけると、狛江はいきなり頭を下げ、1カ月後の阿修羅支店閉鎖が決まった旨を発表した。

 その夜、スナック「来夢来都」を訪れた狛江を、ママの麗香(黒木瞳)が占った。狛江が引いたのは「戦車」のカード。これは「行動力」を意味している。

「うだうだ考えるより動いちゃえってこと! 覚悟ってさ、もともとあるんじゃなくて自分で作るものよ」(麗香)

 麗華の言葉で覚悟を決めた狛江は、岩切組の事務所に直行。桜井勇一(毎熊克哉)の救出に向かおうとする西尾誠次(塚原大助)に「僕も行きます。このままじゃ、堅気に戻れないです」と訴えた。チワワの昌三さんを抱えた狛江は、西尾たちの後を追った。

 街外れの倉庫にたどり着いた西尾たち。でも、この中のどこに桜井がいるかわからない。すると、昌三さんが嗅覚を頼りに桜井の居場所を突き止める。あとは突入して桜井を救い出すだけ。

 このとき、狛江は留置所にいる岩切猛(古田新太)のことがよぎった。桜井の身を案じる岩切が自白する前に、桜井の無事を岩切に伝える必要がある。狛江が思い付いたのは、翌日の新聞広告を修正して、岩切だけがわかるメッセージを掲載するという策だった。土沼印刷に急いだ狛江は「季節外れの桜が無事入荷しました! 1階 岩切生花店」という広告を作り、岩切に桜井の無事を伝えた。

 メッセージに気付いた岩切は自供せずに取り調べを乗り切り、留置所から釈放される。組長を出迎える岩切組の組員たち。ここで狛江は裏切ってしまったことを岩切に詫びようとするが、岩切は「何も言わんでええ。お前はわしの舎弟やないか」と一言。狛江がエスとして動いていたことを、岩切はお見通しだったのだ。岩切は「カチコミに行くぞ!」と舎弟たちに呼びかけ、全員で竜崎組の事務所に向かった。

 今回のテーマは「覚悟」だ。弱腰の姿勢ゆえ周囲に振り回され続けてきたムロが、いよいよ覚醒する。

 序盤のムロは情けない顔をしていた。古田が逮捕されたのに、まだスパイ行為を命じてくる田中にムロは質問する。

ムロ「なぜ、僕だけこんなひどい目に遭わなきゃいけないんでしょうか!?」

田中「お前には覚悟がねえからさ。身内を売るくらいなら死ぬっていう覚悟だ。そういう奴は骨の髄までしゃぶられるんだ」

 サラリーマンと極道、2足のわらじを履くムロ。サラリーマン稼業のほうも絶不調で、上司の高峰博之(相島一之)から阿修羅支店の閉鎖を言い渡された。その夜、ムロは黒木に占ってもらう。

「うだうだ考えるより動いちゃえってこと! 覚悟ってさ、もともとあるんじゃなくて自分で作るものよ」(黒木)

 ムロの周囲には覚悟を持つ者が大勢いる。竜崎組に捕らわれた毎熊は折檻を受けながら「オヤジの邪魔になるくらいだったら、死んだほうがマシじゃあ!」と言い放った。塚原は自身の命と引換えに毎熊を救い出そうと決意し、ムロに対しては「叔父貴には堅気に戻ってほしいです」と諭した。

 ムロもいよいよ覚悟を決めた。目つきと顔つきがあからさまに変わっている。

「僕も何かできることがしたいんです。このままじゃ堅気に戻れないです」(ムロ)

『Iターン』も今回が10話である。2カ月以上経過したが、今までほとんどストーリーは進まなかった。はっきり言って、つらそうなムロを見続けた記憶しかない。

 物語は、ここにきていきなり動きだす。わかりやすく言うと、伏線がドンドン回収されていったのだ。毎熊が大事にしていた折り鶴を懐に入れていたムロに昌三さんは近づき、折り鶴から毎熊の体臭を確認。嗅覚で毎熊の居場所を突き止めた。となれば、毎熊の無事を留置所の古田に伝えなければならない。警察は拳銃の隠し場所の自白を、毎熊解放との交換条件に提示しているからだ。ムロが思い付いたのは、新聞広告をわざと誤植して毎熊の無事を古田に伝えるという策だった。

 ムロがヤクザに付け込まれたきっかけは広告の誤植である。そして、今度は誤植でヤクザを窮地から救おうとしている。「ムロは広告屋」→「誤植の経験がある」→「毎朝、古田はくまなく新聞を読む」という伏線が10話で一気に回収された。(長い溜めだった……)

 阿修羅支店閉鎖を告げる際、ムロは今までの人生を部下に語った。

「僕は45年間、いろんなことを諦めてきた。一流の大学をあきらめ、一流の企業をあきらめ、この会社の出世もあきらめた。僕の人生、あきらめてばかりだ」(ムロ)

 しかし今回、ムロは諦めなかった。だからこそ、古田の奪還に成功したのだ。

 留置場から出てきた古田にムロは詫びようとする。

「何も言わんでええ。お前はわしの舎弟やないか」(古田)

 エスをやめようとするムロに、田中は「バラしてもいいのか?」という脅しを入れた。でも、そんなの無駄だった。古田はとっくに気付いていたのだから。

 ラストシーンは岩切組全員の後ろ姿。少し遅れてムロが追いかけると、「叔父貴、どうぞ!」と言わんばかりに毎熊がムロを古田の隣に誘導する。「堅気に戻ってほしい」と言われたムロが覚悟を認められ、本当の意味で同じ組員と認められた。そういえば初回、阿修羅支店に転勤するムロの見送りに来る同僚は皆無だった。

 停滞していたストーリーは10話で一気に動き出した。長すぎた膠着の後のカタルシスは大きい。このドラマで、まさか感動するとは……。原作小説の内容を参考にすると、さらにここから大きな盛り上がりがあるはずだ。

(文=寺西ジャジューカ)

関連記事(外部サイト)