木村拓哉との共演NGで難航? 新ドラマ『グランメゾン東京』の脇役がいつもの面々に

 結局、いつものメンバー?

 10月20日にスタートする木村拓哉主演のTBS日曜劇場『グランメゾン東京』に朝倉あき、吉谷彩子、手塚とおるらが出演することが発表された。

「本作は、型破りなフランス料理シェフの“大人の青春”をかけたヒューマンストーリー。朝倉はシェフ、吉谷はパティシエ、手塚はフレンチレストランのオーナーを演じるようです」(テレビ誌ライター)

 ネット上では、「朝倉あき目当てで1回だけ観よう。あきちゃんは脚がキレイで結構エロいから」といった声や、「竹内涼真と熱愛報道のあった『ビズリーチ』の子か」と古谷への興味を示す人もいる。しかしその一方で、朝倉は『下町ロケット』、古谷は『陸王』、手塚は『半沢直樹』『小さな巨人』と、日曜劇場でなじみのあるキャストだったことで、多くの人から「木村との共演NG多いんだろね」との感想が上がっている。

「木村主演のドラマといえば、すべて彼のスケジュールに合わせる必要があることに加え、木村人気に陰りが見られることから、最近は“ヒロインのメリットなし”と拒否されるケースが多いのだとか。それでいて木村がヒロインに指名してくるのは綾瀬はるか、北川景子、広瀬ずす、石原さとみといったトップ女優ばかり。今回も“すべり止め”の山口智子にもフラれ、ようやく鈴木京香で落ち着いた。ヒロインどころか脇を固める面々も難航したため、日曜劇場の面々が刈り集められたのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 ドラマには木村の他にもKis-My-Ft2・玉森裕太も出演。骨太な日曜劇場を好む中年男性にはジャニーズに抵抗感を持つ人もいそうだが、おなじみの顔ぶれがいるのを見れば安心して視聴できるかもしれない。

関連記事(外部サイト)