あの騒動から1年、沢田研二の地方ライブであわや“ドタキャン再来”危機

あの騒動から1年、沢田研二の地方ライブであわや“ドタキャン再来”危機

沢田研二

 公演ドタキャン騒動から1年――。往年のスーパースター、沢田研二(71)の地方ライブのチケットがまったく売れず、ドタキャン再来の危機が発生していた! ジュリーは現在、全国40カ所以上を回る全国ツアー「SHOUT!」の真っ最中だが、わずか1,200席のホールが埋まらず、興行関係者はヒヤヒヤだったとか……。

「あわやドタキャンかと思った」と地元の興行関係者の顔を青くさせたのは、今月23日に行われた出雲市民会館(島根県、大ホール1,210席)での公演だ。

 ジュリーといえば昨年10月、さいたまスーパーアリーナの公演を「アーティストサイドに重大な契約の問題が発生したため」とドタキャン。翌日、記者団に「当初9,000人と聞いていたが、7,000人しか入っていなかった」「客席がスカスカの状態でやるのは酷。僕にも意地がある」と明かし、その身勝手ぶりで世間を騒がせた。

 出雲公演でも前売りが思うように伸びず、直前まで地元メディアで宣伝しまくっていたという。

「チケットの定価は8,000円でしたが、プレイガイドの正規ルートだけでは客席に穴が空きそうだったため、企業や組織、人づてでチケットを割り振ってもらいました。沢田さんがブチ切れて、またドタキャンってことにでもなったら大変ですから(苦笑)」(前出・関係者)

 ジュリー公演の“動員”に誘われたという60代の男性は「メディア関係者の知人から『チケットが売れんでいけん。2,500円でもいいけん、買わんか?』と言われた。最終的に『タダでもいいで』となった」というが、面倒なので行かなかったという。

 関係者によると動員枠のチケットには席の指定がなかったといい、会場には当日券売り場の横に指定券引換所が設けられていたという。また、「当日券を買ったが、10列目以内の前方だった」と、良席がその日に入手できたという情報もある。そして、開演の午後5時、観客によると「満員で、1階には立ち見の人もいた」といい、結局は大盛況で幕を閉じた。

 ジュリーは隣県の鳥取県鳥取市生まれで、1989年11月には出雲大社で女優・田中裕子と再婚しており、会場はそれなりに地縁のある場所だったものの、関係者は薄氷を踏む思いをしたようだ。

関連記事(外部サイト)