GENERATIONS片寄涼太、中国でも人気爆発! NYタイムズスクエアをジャックし、誕生日を祝福するファンも……

GENERATIONS片寄涼太、中国でも人気爆発! NYタイムズスクエアをジャックし、誕生日を祝福するファンも……

「WEIBO Account Festival in Japan? 2018」で表彰式に臨む片寄(北国網より)

 中国版Twitterともいわれる「微博」だが、その利用者は7億人を突破し、山下智久や木村拓哉、福山雅治など、日本の人気芸能人たちもアカウントを開設。日々、中国語で更新を行うなど、中国進出の重要な足掛かりとなっている。そんな中でも今、最も注目されている日本人がGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー・片寄涼太(25)だ。片寄の微博は現在、フォロワー数200万人を超える人気アカウントとなっている。

 片寄の25回目の誕生日となった8月29日には、太妃糖(タフィー)と呼ばれる中国人ファンたちが費用を出し合い、米ニューヨーク・タイムズスクエアに設置されている複数の屋外ビジョンにお祝い広告を掲出。この広告は一日中、繰り返し表示されていたというから、費用はかなりのものだったと思われる。また、同日には上海中心街の屋外ビジョンでも、同様のお祝い広告が掲出されていたという。

 そもそも中国で片寄の人気が爆発したきっかけは、2017年に公開されたラブコメ映画『兄に愛されすぎて困ってます』への出演だった。血のつながらない兄妹の禁断のラブストーリーで、兄役を演じる片寄が、妹役を演じる土屋太鳳と恋をするという内容で、日本の人気少女コミックが原作だったこともあり、中国や台湾などの中華圏でも大きな注目を浴びていた。さらに、中国では同作のドラマ版および映画版がネット配信されたことで、若い世代の女性を中心に片寄のファンが急増したのである。

 その人気を物語るかのように、同年8月に上海で開催された「サマーソニック上海」に出演するため降り立った空港ではファンが殺到、パニックになったほどである。

 また、18年3月に深セン、北京、上海で行われたGENERATIONSの初チャイナツアーも大成功を収めている。

 中国人女性が夢中になる片寄の魅力のひとつに、流暢な中国語が挙げられる。片寄は目下、中国語を猛勉強中で、「微博」はもちろん、ステージ上での挨拶や自己紹介、インタビューなどにも中国語で対応しているのだ。また今年3月に上海で開催されたファンミーティングでは、2,000人のファンを前に、中華圏の人気アーティスト、ジェイ・チョウ(周杰倫)の楽曲を中国語で完璧にカバーするなど、ファンの間では中国への本格進出を期待する声が高まっている。

 昨年12月には微博が主催する「WEIBO Account Festival in Japan? 2018」で年間人気アーティスト賞を受賞し、今年6月には声優として参加したアニメーション映画『きみと、波にのれたら』が上海映画祭で最優秀アニメ賞を受賞するなど、個人としても中国における実績を確実に積み重ねている。

 片寄の先輩にあたるEXILEメンバーAKIRAが今年6月に台湾のトップモデル、リン・チーリンと結婚したことは記憶に新しいが、片寄をはじめ、中華圏で存在感を強めるEXILEグループ、その勢いはまだまだ収まりそうにない。

(文=青山大樹)

関連記事(外部サイト)