木村拓哉『フレンドパーク』出演で”炎上ホッケー”再び!? 若手イケメン俳優に公開処刑の危機

 伝説のシーンが甦るのか?

 10月6日放送の『関口宏の東京フレンドパーク2019』(TBS系)に、10月スタートの3ドラマから豪華俳優陣が出演することがわかった。

 日曜劇場『グランメゾン東京』からは木村拓哉、鈴木京香、沢村一樹。火曜ドラマ『G線上のあなたと私』からは波瑠、中川大志、松下由樹。金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』からは福士蒼汰、菜々緒、横浜流星が登場する。

 そんななか、木村の出演が視聴者をざわつかせている。

「2017年、木村は同番組に『A LIFE〜愛しき人〜』のメンバーとして登場。最後のエアホッケーは2人1組で対決するため、木村は松山ケンイチとペアを組みました。途中、対戦相手の阿部サダヲチームに総合得点で負けていたため、木村は円盤をマレットで毎回押さえ、ほぼラリーすることなく強い一撃で得点を取る作戦を実行し、逆転に成功。隣にいた松山はほとんど動くことなくゲームは終了となり、視聴者からは『ラリーのないエアホッケーって……』『マツケンの表情が徐々に死んでいったのがおかしかった』『SMAP解散の原因がわかった』と批判が殺到し、ネット上で炎上騒ぎが起きました。今回も沢村がおいてけぼりになるのではと心配の声が上がっています」(週刊誌記者)

 しかし、今回のメンバーはかなりのツワモノぞろい。木村の反則技が通用しない可能性も。

「中川は得意なスポーツがスノースクート。スノボに自転車を乗せて雪上を滑る新感覚スポーツで、聞くからに運動神経がよくないとできそうもない。また、福士は特技がバク転で高校時代にダブルタッチ部に所属するなど、やはり運動神経は抜群。横浜にいたっては、中学3年時に極真空手の世界チャンピオンになったのは有名な話です。仮に46歳の木村が一撃ホッケーを仕掛けても返り討ちに合うのではないか」(前出・記者)

 若手イケメン俳優に公開処刑されるカッコ悪いキムタクも見てみたい気もする?

関連記事(外部サイト)