『Iターン』最終回 “サラリーマンの犬”ムロツヨシが見せた覚悟の集大成

『Iターン』最終回 “サラリーマンの犬”ムロツヨシが見せた覚悟の集大成

テレビ東京『Iターン』

 9月27日に『Iターン』(テレビ東京系)の第12話、最終話が放送された。あんなに緊迫していたヤクザの抗争は、組長同士の愛犬自慢という予想外のオチに収束されていく。

第12話あらすじ「犬の散歩があるからこの勝負は持ち越しや」

 撃たれて気を失っていた岩切猛(古田新太)が、地下室で意識を取り戻した。岩切は狛江光雄(ムロツヨシ)に手首を縛るガムテープを噛み切るよう指示し、2人は地下室を脱出。襲ってくる竜崎組の手下たちをなぎ倒していく岩切&狛江の元に、桜井勇一(毎熊克哉)、坊野洋平(阿部進之介)らが合流。岩切は彼らから拳銃を受け取り、追手を桜井らに任せて竜崎剣司(田中圭)の元に向かった。

 事務所では、青葉銀行支店長の瀬戸川達郎(手塚とおる)が痛めつけられている。青葉銀行が竜崎組に流すはずの融資が、関東の極道・藤堂(蟹江アサド)に回っていることを突き止めたのだ。藤堂に拳銃を向ける竜崎。そのとき、岩切と狛江が現れ、撃ち合った岩切と竜崎は両者とも腹に被弾。藤堂は倒れた竜崎から銃を奪い、「この街はもううちのシマだ!」と周囲を威嚇する。すると、狛江は岩切が落とした拳銃を手に取り、その銃口を藤堂に向けた。狛江は震えながら引き金を引くも、寸前で岩切が狛江の腕を上方へ上げたため、弾は天井に命中する。「お前の気持ちはようわかった。けど、あんな外道で手汚すんやない」と狛江を諭す岩切に藤堂は「友情ごっこか?」と笑い、狛江に向けて発砲した。岩切は狛江をかばって盾になるが、さらにその前に立ちはだかった竜崎が右肩に弾を受けた。血を流しながら竜崎は藤堂を殴り飛ばし、藤堂を一発で沈めた。

「てめえのタマ取んのは俺なんだよ。助けたわけじゃねえ!」と言う竜崎。岩切は「犬の散歩があるからこの勝負は次に持ち越しや」と一時休戦を呼びかけた。「そりゃ大事だな」と奥の部屋に入っていく竜崎。武器を持ち出してくるのでは? と岩切組の面々が緊迫していると、竜崎はトイプードルのかわいい子犬を抱え現れる。「コニーちゃんだ。俺も散歩に連れて行かなきゃならねえ」と竜崎。岩切と竜崎はどちらの犬がかわいいかで口論となり、慌てて狛江が仲裁。岩切らはその場を去り、ひとまず休戦となった。岩切はスナック「来夢来都」に狛江を連れていき、狛江と盃を交わしたお酒の瓶を叩き割って舎弟の縁を解消した。

 狛江が会社に戻ると上司の高峰博之(相島一之)が来ており、狛江にクビを宣告。そして、柳直樹(渡辺大知)と吉村美月(鈴木愛理)のクビも通告した。2人の処分に納得がいかない狛江は高峰を張り倒し、「俺の部下をクビにしやがったら、一生追い詰めてやんぞ!」と高峰に詰め寄った。その後、狛江は岩切組に顔を出し、桜井たちとの別れを惜しみつつ、事務所を後にした。

 後日、「本社営業部勤務を命ず」という辞令が出たと狛江に伝えられる。瀬戸川支店長と丸越百貨店販売促進部長・深町智博(木下隆之)が宣告社の副社長に働きかけ、狛江のクビは撤回されたのだ。

 柳と美月もクビがつながり、しかも2人は結婚するとのこと。狛江は2人を祝福した。そして、東京行きの飛行機に乗る狛江。その隣の席に座ったのは、なんと岩切である。「単身赴任じゃ! 東京でもシノギ見つけたろうと思うてな」と言う岩切に引き返すよう懇願する狛江だったが、逆にビンタされてしまう。出発を待つ2人は、息ぴったりに村下孝蔵の「初恋」を口ずさみ合った。

古田と田中の言葉を糧にしたムロの集大成

 このドラマは、サラリーマン・ムロの再生物語だった。上司やヤクザなど強い者の顔色を窺い続けていた彼も、全12話を通じ成長した。その集大成が、最終話だったのだ。

 キーポイントになったのは2つの言葉。まず、田中の元へ向かう際に古田が放った一言だ。

「ケンカも人生も一緒や。一歩引いたら負けぞ!」

 事実、ムロは蟹江に一歩も引かず、(古田が銃口を上へ逸らしたが)本当に引き金を引いている。

 渡辺と鈴木にクビを宣告した相島のことは張り倒し、「会社は関係ねえ。これは俺とお前との勝負だ」と啖呵を切った。10話で田中が言った「お前には“身内を売るくらいなら死ぬ”という覚悟がない」のセリフを思い出す。今のムロは大切な仲間(渡辺と鈴木)のため上司に立ち向かうし、大切な仲間(古田)を思ってヤクザ相手でも一歩も引かない男だ。

 ムロの成長を示す象徴的なシーンが、東京行きの機内で展開された。阿修羅市行きの新幹線で隣席だったビジネスマン(渋川清彦)が、今回も隣に座ってきた。第1話では肘掛けの取り合いにあっさり負けたムロが、今度は完全勝利を収めている。肘ケンカでさえ覚悟を持って臨むということ。ケンカも人生も、一歩引いたら負けなのだ。

 ムロと蟹江が対峙した場面はハイライトだった。あのとき、蟹江はムロにこんな言葉を吐いている。

「お前みたいなぬくぬくしたサラリーマンの犬に引き金引けんのか?」

 この一言、完全に地雷を踏んでいるのだ。監禁される毎熊を発見したのはチワワの昌三さんだった。蟹江の兄弟分・田中は、コニーという愛犬を何より大事にしていた。阿修羅市を2分するヤクザの抗争は、それぞれの組長が抗争より犬の散歩を優先するという形で終結している。犬をバカにする言葉は阿修羅市では禁句である。

田中「コニーちゃんだ。俺も散歩に行かなきゃならねえ」

古田「こりゃまたえらい、随分とかわい子ちゃんやな。けど、わしの昌三には負けるやろ」

田中「ふざけたことぬかしてんじゃねえよ。コニーちゃんのほうがどう見てもかわいいだろうがよ!」

古田「コニーちゃんもかわいいって言うとんがな! せやけど、比較したら昌三のほうが可愛いとちゃうんか! やるんかい、コラ!」

田中 「やろうじゃねえか!」

 撃たれて血だらけなのに、愛犬自慢に興じる両組長。こんなにイカつくても結局、犬には勝てないというオチ。なんなら、2人して一緒に散歩に行けばいい。田中はムロに「身内を売るくらいなら死ぬという覚悟」が大事だと説いた。彼が命を懸けて守っていたのは、このコニーちゃんだったのだ。

 途中、あまりにも展開に救いがなく、観ていてつらくなることさえあった『Iターン』。しかし、10話以降の怒涛のたたみ掛けで十分カタルシスを味合わせてくれた。きっちりの伏線回収でスッキリした上に、こんな愉快なエンドで締めくくるとは。モヤモヤのラストを迎えるドラマが多かった今クール、『Iターン』の残尿感のなさは際立っていたと思う。

 それにしても、聴くと悲しみとノスタルジーを喚起させる「初恋」だったのに、これからはクスッと笑える1曲になってしまわないかと不安である。そういう意味でも、傷跡を残すドラマだった。

(文=寺西ジャジューカ)

関連記事(外部サイト)