サンプラザ中野くんの養育費トラブル発覚で、思わぬ”流れ弾”を浴びたキャラ被りミュージシャン

サンプラザ中野くんの養育費トラブル発覚で、思わぬ”流れ弾”を浴びたキャラ被りミュージシャン

サンプラザ中野くん公式サイトより

「爆風スランプ」でおなじみのサンプラザ中野くんに家庭トラブルが浮上。これが思わぬところに飛び火している。

 中野のトラブルは「週刊文春」(文藝春秋)で報じられたものだ。記事は中野の娘の証言で構成されており、中野が娘の母親に土下座をして堕胎を迫ったこと、「よい子」という名前を付けられて苦痛で仕方がなかったこと、入籍後も一緒に暮らすことはなく、離婚後も「月40万円+家賃」という養育費の支払いが滞っていたことなどを告発。

 中野は養育費の不足分として全ての財産を残すと語っていたが、今年2月に「再婚することになりました」というメールが来て、その約束も反故にされたという。女性芸能誌記者がいう。

「証言がすべて事実だとすれば、信じられない話です。爆風スランプは長らく活動休止していますが、サンプラザ中野は一時期、投資や健康本を盛んに発売して、どれもなかなかの売り上げでしたし、今年の夏もツアーを行ったばかりで、ライブやイベントに多数出演しています。それに、大ヒットした『Runner』や『大きな玉ねぎの下で』で中野は作詞をしていますから、カラオケの印税収入だけでも年間数百万円は下りません。世間的に見れば安い養育費ではありませんが、中野に払えない額ではないはずです」(女性芸能誌記者)

 中野は港区にマンション、伊豆に別荘を持っているが、それらの処分も拒否。養育費の未払いは計1億円にも及び、結局1,700万円を支払うことで決着したという。

 このニュースはネットでも大きな話題となったが、ネット上で盛んに名前が上がったのがデーモン小暮閣下だった。2人とも“早稲田大学卒”のインテリミュージシャンとして知られているが、小暮も女性トラブルの“前科”の持ち主。音楽ライターがいう。

「サンプラザ中野とデーモン小暮は、共に早稲田大学のWFS(早稲田フォークソングソサエティ)というサークル出身で、在籍期間も被っています。さらに中野が爆風スランプのもとになったスーパースランプというバンドを抜けた時、後任として入ったのがデーモン小暮でした。小暮はまだ聖飢魔IIが活動していた90年代、女性から子供の認知を求められ、DNA鑑定するなど、大騒ぎになった挙げ句、認知。しかしその女性とは結婚せず、直後に二股状態だった別の女性と結婚しました(その後、離婚)。中野も小暮も極めて似た経歴の持ち主で、キャラ被りしていますが、やることまで似ていたとは……」(音楽ライター)

 古い話を持ち出されたデーモン小暮は迷惑千万だろうが、世間はそう簡単に忘れてくれないということ。2人とも“良識派のミュージシャン”という印象もあるが、学歴に騙されてはいけない?

関連記事(外部サイト)