フランチャイズと直営店の違いなんてわからない! さらにややこしいキャッシュレス決済の還元の謎

「フランチャイズは2%還元だけど、直営店は0%だって知ってた!?」

 10月に入り、消費税が10%になったのと同時に、キャッシュレス・消費者還元事業も始まりますね。増税から9カ月間、キャッシュレス決済をした客にポイントや値引きがあり、お店はキャッシュレス決済の導入や手数料の補助が受けられる制度です。

 キャッシュレス決済の普及率を現在のおよそ20%から5年で40%にするために、国が予算を組みました。

 つまり、みなさんが、キャッシュレス決済をすると、例えばセブンイレブンのような大企業のフランチャイズなら2%、それ以外の規模の小さいお店(街の八百屋さんや飲食店など)では5%の還元が受けられ、大企業の直営店では還元がありません。

 ここで注意したいのは、その還元方法が、お店によって異なること。ポイントを付与することもあれば、その場で値引きすることもあります。このあたりは、買い物のときに、お店でご確認ください。

キャッシュレス決済で確実に利益を得るには?

 ところで、ここでひとつ疑問がわきあがってきます。それはなぜ大企業が抱える直営店では還元がないのか、ということ。

「君たちは、自社でなんとかできるだろう」ということなのでしょうか?

 また、客は、その店が直営店なのかフランチャイズ(FC)なのか、外観からでは分かりませんよね。だから、個人的には、差が生まれないようなキャンペーンなどを期待しています。

 ここで注目したいこと。

 とりあえずはみなさんが、そのお店でキャッシュレスによる還元を受けられるかどうかは、右のイラストが目印になっています。大手のフランチャイズで、キャッシュレス・消費者還元事業に参加しないお店は、基本的にはないと思いますが、個人商店やあまり大きくない規模のお店の場合は、注意が必要です。

 個人的には少し高い飲食店が、キャッシュレス・消費者還元事業に参加しているかが気になります。数万円の支払いで5%引きになるのであれば、5%引きにならないお店より優先して利用したいと考える人も多いはずです。

 現在、ほとんどの飲食店ではクレジットカードが使えますが、われわれがキャッシュレス決済で還元を受けるためには、お店のほうで事前登録が必要です。この記事を書いている、8月下旬で、登録は全体の2割程度。このままでは、多くの飲食店で還元が受けられません。

 キャッシュレス決済とは現金や商品券を使わない決済で、おもにクレジットカード、電子マネー、QRコード決済があります。

 クレジットカードを知らない人はいないと思います。電子マネーには、日本の学生と社会人のほとんどが所有しているSuicaやPASMOなど交通系ICが代表的なもので、それ以外にもQUICPayやnanacoなどたくさんの種類があります。

 キャッシュレスの中でもQRコード決済は、黎明期です。

 楽天ペイ、LINE Pay、Origami Pay、d払い、PayPayなど次から次へと新しいサービスが提供されています。お店にあるQRコードを読み込むか、あなたの携帯電話に表示されたQRコードをお店に読み取ってもらって、決済します。

 さまざまな比較サイトや使用者の意見を聞くと、抜きん出て素晴らしいサービスはなく、どれも似たりよったりのポイント還元と利便性のようです。今後、それぞれが使用可能店舗を公表すれば、使用できる場所が多いサービスが、大きくリードするかもしれません。

☆今回のポイント
「決済は素早く、現金を用意する必要のないキャッシュレス決済」

 年間数兆円といわれる現金決済のコストがなくなれば、客はより低価格で商品を買うことができます。レジに並ぶ時間が短くなれば、あなたの大切な時間も守ることができる。

 まだ、現金で支払っている方は、この機会に始めてみてはいかがでしょうか。

●さんきゅう倉田
大学卒業後、国税専門官試験を受けて東京国税局に入庁。法人税の調査などを行ったのち退職、芸人となる。芸人活動の傍ら、執筆や講演で生計を立てる。好きな言葉『増税』。

関連記事(外部サイト)