『家、ついて行ってイイですか?』がんで最愛の妻を亡くした夫と、がん治療で全財産を失ったフレンチシェフ

『家、ついて行ってイイですか?』がんで最愛の妻を亡くした夫と、がん治療で全財産を失ったフレンチシェフ

テレビ東京『家、ついて行ってイイですか?』

 16日放送の『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)に、最愛の妻をがんで亡くした男性と、甲状腺がんを宣告され全財産を失った料理人の男性が登場。がんによって人生を翻弄された2人の生きざまとは――。

 大宮駅でスタッフが声をかけた堀江さん(55)はトラック運転手。妻の病気が発覚したことをきっかけに、15年ほど前に転職したのだという。前職はホテルの営業で、家に帰れるのは年に3分の1と多忙だったが、現職は地場が多く、毎日家に帰れるため、転職を決めた。

 取引先の会社で働いていた妻と知り合い、1年後に結婚。一男一女に恵まれ、幸せいっぱいのさなか、突然の悲劇が一家を襲う。当時32歳だった妻が、乳がんを宣告されたのだ。すでにステージ4。長女はまだ2歳で、「なんとか生き延びたい」と抗がん剤と放射線治療を続け、寛解するも、36歳の時に再発。10年間投薬治療を続けたが、46歳の時に亡くなった。銀婚式を迎える半年前、2017年6月のことだった。

 新婚旅行先のオーストラリアで買ったという使い古された鍋つかみや、柄がボロボロになった包丁、手作りのティッシュケースなど、家の中にはまだ妻の思い出の品があふれていた。

「捨てられないんだよね、汚いんだけど」

「亡くなったからって、新しいものに一新というのはなかなか……」

「古くなっても汚くなっても構わない」

とこぼす堀江さん。4年前に神社でもらったという家族全員分のお札も、返せずにいる。

「一緒に住んでいたから、全部捨てると妻がいなくなっちゃうんじゃないかなって。妻が生きていた時のものを残しておきたいんだよね」

 妻の死後、慣れないながらも家事をこなす堀江さん。キッチンにはプリントアウトされたレシピの束が置かれていたが、「この際だから」と言ってスタッフに見せてくれたのは、堀江家オリジナルのおせちのレシピ。偶然、パソコンに残されていたものを見つけたのだという。2度挑戦したが、栗きんとんは火の加減がうまくいかず、上手にできなかったと笑う。

 そんな中、大学生の長女が帰宅。おせちにまつわる母との約束を明かした。

「『毎年1個でもいいからママのレシピをはるか(長女)がやるんだよ』って、亡くなる前くらいに言われたけど、その時は実感がなくて、いつもママが作ってくれるのが当たり前だったから、一人で作るのがまだ怖くて作れてない」

 大切な人の死を悼む方法は人それぞれだろう。ただ静かに心の中で想ったり、誰かと思い出を語り合ったり、堀江さんのように故人の思い出の味を再現したり。長女が母親のおせちを完全に再現できたとき、家族は本当の意味で大切な人の死を乗り越えられるのかもしれない。

 一方、千駄ヶ谷駅で声をかけたフレンチ料理人の男性・すみさん(46)は、交通費を節約するため、勤務先の広尾から初台の自宅まで8kmの距離を歩いて帰る途中だという。スタッフの質問にたどたどしく答えるすみさんだが、それには理由があった。

 約2年前、甲状腺のがん見つかり、その治療費で500万円あった貯金もゼロになってしまったという。手術の後遺症でしゃべりづらくなり、その影響か人間関係もギクシャク。前の職場を退社したが、そんなすみさんには夢があるという。

「人参のサラダとか、お総菜店やデパ地下みたいな形で売ってみたいなって」

「こたつにみかんがあるように、文化として日本に根付くようなものが作りたい」

「特別な日に食べるもの」「大人になったらやっと食べられるもの」と敷居が高いと思っていたフランス料理だが、新宿のカジュアルなフレンチレストランに感銘を受け、シェフを目指したすみさんらしい決意だった。

 するとすみさん、「ちょっと待っていてください」とスタッフを部屋に残し、ひとり夜の街へ出かけてしまった。10分後、帰ってきたすみさんの手にはレジ袋が。中身は人参とレモン。なんとスタッフのために、人参のサラダをはじめ、前菜3種盛りを即席で作ってもてなしてくれたのだ。エシャロットや、キャラウェイシードといった調味料が冷蔵庫から出てくるのは、さすがフレンチシェフといったところ。スタッフがペロリと平らげると、この日一番の笑顔を見せたすみさんだった。

 自分に余裕がなくなるとなかなか他人に優しくできないものだが、すみさんの振る舞いは、彼にとってシェフが天職であることを感じさせるものだった。

 堀江さんの妻は宣告から14年、「小学校卒業まで……」「中学卒業まで…」と、子どもの成長を励みに闘病を続けた。すみさんも治療の末、職場復帰を果たしている。働きながらがんと闘う人も少なくない昨今、自分や大切な家族が大病を患ったとき、自分はどう向き合い、生きていくのか――。そんなことを考えさせられる放送回だった。

関連記事(外部サイト)