低視聴率でもへっちゃら!?  新木優子『モトカレマニア』ディープなハロプロネタ満載でやる気満々か

低視聴率でもへっちゃら!?  新木優子『モトカレマニア』ディープなハロプロネタ満載でやる気満々か

新木優子

 このところ芸能界で増加中なのが、モーニング娘。’19やアンジュルム、Juice=Juiceなどが所属する女性アイドル集団・ハロー!プロジェクトを応援する人気女優だ。

 アンジュルムのムック本編集長まで務めた蒼井優、モーニング娘。のファンを公言する松岡茉優、その松岡とともに夜な夜なハロプロのライブ映像を楽しんでいるという橋本愛、さらには清原果耶や小川紗良といった若手女優もハロプロファンとして知られている。そんななか、もっともディープなハロプロファンだといわれているのが、新木優子だ。

「新木は、特定のグループのファンというよりも、ハロプロ全体のファンで、モーニング娘。やアンジュルムのコンサートだけでなく、こぶしファクトリーのライブハウス公演やつばきファクトリーの主演舞台も見に行くほどの本気度です。自分のスケジュールの合間を見て、地方公演を見に行ったこともある。まさに絵に描いたようなハロヲタです」(スポーツ紙記者)

 新木は、現在放送中のフジテレビ系ドラマ『モトカレマニア』で初主演を務めている。このドラマには、ハロプロネタがひっそりと仕組まれている。

「毎回の予告動画にちょっとしたキャッチコピーが入っているんですが、それがハロプロの楽曲の歌詞からの引用なんです」(同)

 第2話の予告動画には「愛する人は、あなただけ」というキャッチコピーが入っているが、これはモーニング娘。のシングル『シャボン玉』(2003年)の冒頭の歌詞だ。第3話予告動画にある「消せやしない気持ち」は、こぶしファクトリーのアルバム『辛夷第二幕』に収録されている『消せやしないキモチ』(2019年)からの引用と思われる。また、第4話予告動画の「明日のために、忘れてあげる」は、アンジュルムのシングル曲『忘れてあげる』(2016年)の最後のフレーズ、第5話予告の「独立女子であるために」はBuono!のアルバム『We are Buono!』収録『Independent Girl〜独立女子であるために』(2010年)からの言葉だろう。

 有名なシングル曲だけでなく、通好みの名曲からの引用まで隠されている『モトカレマニア』。ハロプロ要素はこれだけではない。

「実は脚本を担当する坪田文氏は、過去にモーニング娘。や真野恵里菜、スマイレージの主演舞台の脚本を手掛けるなど、ハロプロと縁がある人物なんです。予告編の仕込みが坪田さんによるものかどうかはわかりませんが、いずれにしろ『モトカレマニア』は“ハロプロ色”が強いドラマであることは間違いありません」(同)

 視聴率では苦戦している『モトカレマニア』だが、大好きなハロプロネタが仕込まれているということで、新木もへっちゃらかもしれない。

関連記事(外部サイト)