このまま身を引く可能性も!? 木下優樹菜、活動自粛も「口止め要求」でさらなる窮地に

このまま身を引く可能性も!? 木下優樹菜、活動自粛も「口止め要求」でさらなる窮地に

木下優樹菜

「炎上対策のつもりが、ガソリンを投入しただけでしたね」

 そう語るのはテレビ関係者だ。

 ”タピオカ店騒動”で大炎上していたタレントの木下優樹菜が18日、当面の間、芸能活動を自粛することを発表した。

 木下をめぐっては、10月上旬に姉が勤務していたタピオカドリンク店の経営者に対する”恫喝DM騒動”が勃発。経営者に対し「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから」「こっちも事務所総出でやりますね」「週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるから」などとヤンキー丸出しの言葉で威圧し、集中砲火を浴びた。

 木下は「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います」とコメント。騒動から1ヵ月以上経過しての措置は収録済みの出演番組の調整をしていたためだが、遅きに失した感は否めない。

「文字通り”事務所総出”でマスコミに『この件は報じるな』と通達していましたからね。このご時世にそんなことをやっても逆効果なだけ。結果、今回の活動休止発表で全マスコミがこの件を詳報することになりました」(スポーツ紙記者)

 気骨あるメディアの中には、この展開を見越して取材を進めていたところもある。19日放送のフジテレビ系『直撃LIVE グッディ!』は、木下が10月9日に自身のインスタグラムに謝罪のメッセージを投稿した同じ日に、DMでタピオカ店の店長にもメッセージを送っていたことをスクープした。

 その中で「私の至らないメッセージがあった中恐縮ですが、今回の件については、お店のことも含め『お互いに、誹謗中傷をしない』、『お互いに、第三者に話をしない』ということで解決させていただけないでしょうか」と”口止め”を求める文言が含まれていたことがわかった。

「言うまでもなく、ネット上は大炎上。木下サイドは頭を抱えています。復帰時期については未定ですが、これほど好感度がガタ落ちになるのも珍しい。本人は憔悴しきっており、実母が付きっきりで励ましているそうです。子供もいる家庭ですし、復帰して再バッシングされるのなら、潔く身を引く可能性もあります」(週刊誌記者)

 たった1通のDMで芸能界引退もチラつくほどのダメージを負うとは……。他の芸能プロにとっては、今後の炎上対策で参考になる部分も大きかっただろう。

関連記事(外部サイト)