M-1準決勝メンバーに異論噴出! 漫才の実力より「運営にハマるかどうか」を審査する大会に!?

M-1準決勝メンバーに異論噴出! 漫才の実力より「運営にハマるかどうか」を審査する大会に!?

M-1グランプリ公式サイトより

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2019』(テレビ朝日系・12月22日放送)の準決勝進出25組が11月20日に発表された。ここに、動画サイト『GYAO!』で配信されるネタ動画の視聴人数1位のグループがワイルドカードとして加わり、放送に先駆けて12月4日に全26組で準決勝を戦うこととなる。

 和牛、ミキ、かまいたち、トム・ブラウン、見取り図、マヂカルラブリー、カミナリなどといった決勝進出経験があるコンビのほか、アインシュタイン、四千頭身といったバラエティー番組でも活躍する人気芸人が名を連ねた今回の準決勝メンバー。お笑い業界内でも物議を醸している。とある構成作家はこう話す。

「良くも悪くも“M-1らしい”メンツですね。過去にM-1で実績をあげているコンビと、まだテレビなどのメディアではあまり注目されていないコンビをバランスよく揃えたという印象。“M-1発のスター”を発掘したいという狙いが透けて見えます」

 以前から指摘されている“西高東低”の傾向は相変わらずのようだ。

「番組の経緯的にも“大阪吉本の大会”みたいなものなので仕方ないとはいえ、東京の芸人が冷遇されているのは間違いありません。特に非吉本の東京芸人はかなり厳しい戦いになっています。それこそ、三四郎、宮下草薙、納言など、バラエティー番組でも活躍している東京芸人が準々決勝でこぞって落ちている。運営側としては、ネタに力を入れている無名の若手を引き上げたいという思いが強いのでしょうが、世間一般から支持されているコンビを早い段階で落とすことで、“あまり面白くないコンビばかりが出る大会”というイメージがついてしまう恐れもある。特にEXITまで落とされたのは致命的。世間との温度差がM-1の価値を下げることになりかねません」(同)

 M-1の審査に対して批判的な声が出てくるのは、毎年の恒例行事のようなもの。別のお笑い事務所関係者も、今回の準決勝メンバーには違和感を抱いているという。

「バラエティーとネタは別モノだという明確な意思が感じられる。ある意味、M-1以外の場で名前を売った芸人はほぼノーチャンスといった排他的な雰囲気すらありますね。テレビで放送されているネタ番組に対して、“M-1こそが最高のネタ披露の場なのだ”とアピールしているかのような審査結果で、結局、“M-1運営にハマっているかどうか”が重要な審査基準になっているのでしょう。その点については、ちょっとガッカリです」

 審査に対する不満はさておき、決勝に進出して新たなスターとなる可能性が高い芸人はいるのだろうか。バラエティー番組関係者が、数組をピックアップする。

「すでにブレイクしている『アインシュタイン』。ネタのクオリティーは文句なしですよ。あとは『からし蓮根』ですね。M-1運営にもハマっているようだし、十分にチャンスはある。一見キャラ物ネタに見えて、漫才の構造自体に疑問を投げかける『ぺこぱ』も侮れません」

 いろいろな意見があるが、何だかんだで業界内の注目度はすこぶる高いM-1グランプリ。次なる王者が誰になるのか、12月22日に決定する。

関連記事(外部サイト)