片瀬那奈”スナックバカ食い”で窮地、川口春奈メンタルは大丈夫?……週末芸能ニュース雑話

片瀬那奈”スナックバカ食い”で窮地、川口春奈メンタルは大丈夫?……週末芸能ニュース雑話

片瀬那奈インスタグラムより

沢尻エリカ逮捕で、親友・片瀬那奈に疑惑の目

デスクH 沢尻エリカ逮捕で、芸能マスコミはお祭り騒ぎだね。

記者I 沢尻は10年前からMDMAをはじめ、大麻、コカイン、LSDなどの薬物を使用していたことを認めましたが、尿検査ではすべて陰性。NHK大河『麒麟がくる』の撮影に合わせ、ヤク断ちしていたとみられます。今回所持していたMDMAも彼氏から預かったもので少量だったことから、起訴が見送られる可能性も出てきています。

デスク そんな中、所属事務所エイベックスが用意した弁護団は、スゴ腕って話だよね。

記者 主任弁護人は“無罪請負人”と呼ばれる弘中惇一郎弁護士とタッグを組んできた、若手人権派の河津博史弁護士。同氏は郵便不正事件で厚生労働省の村木厚子元事務次官の無罪を勝ち取ったほか、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の主任弁護士も務めています。この起用は、過熱するマスコミ報道へニラミを利かすため、とみられています(参照記事)。

デスク 今回の逮捕を受け、2012年6月、当時離婚騒動渦中にあった元夫・高城剛氏が「週刊文春」(文藝春秋社)に語った内容が再注目を集めているよね。「09年に前所属事務所スターダストの薬物検査で大麻の陽性反応が出て解雇されたことをエイベックスに知られ、離婚を条件に同社に所属するよう松浦社長に迫られた」って。さらに、「沢尻を脱がしてカネにすることが目的だった」とも。当時は“ハイパーメディアクリエイター”という前衛的すぎる肩書で何かとキワモノ扱いされていた高城氏だったけど、実は結婚前から薬物中毒だった沢尻を更生させようと尽力してたそう。めっちゃいい人じゃん!

記者 それに引き換え、松浦氏は……。芸能界って、本当怖いですね。

デスク 各所で沢尻にまつわるいろんなウワサが出回っているけど、その中でも僕のツボだったのは、クラブでノリノリで踊る沢尻の横で、「小さなばかうけ ペヤング やきそば風味」を食べながら踊る親友・片瀬那奈の動画。同じ日に撮られた別の動画では、「堅あげポテト うすしお味」を食べながら踊ってるんだけど、ネット上では「完全にマンチじゃん(笑)」って、話題になってるね。マンチって、大麻吸引による食欲増進作用のことなんだけど、なんでもおいしく感じて、特に脂っこいものとかスナック菓子が最高らしいよ(参照記事)。よく海外の映画とかでも、大麻といえばピザだもんね!

記者 そもそも、クラブでスナック菓子を食べてる人なんていませんしね(苦笑)。沢尻逮捕を受け、片瀬はMCを務める『シューイチ』(日本テレビ系)で「悲しくて、もうショックで……裏切られたような気持ち」などと涙ながらに語っていましたが、ドラッグでキマっている人間の間近にいて、気づかないはずがありません。

デスク いずれにせよ、捜査の本丸は別にあるっていうし、今後さらにスクープが続く可能性はありそうだね。

記者 そんな中、NHK大河『麒麟がくる』で沢尻が演じる予定だった濃姫役の代役に、川口春奈が決まりました(参照記事)。

デスク 代役をめぐっては貫地谷しほり、水川あさみ、満島ひかりなどの名前が取り沙汰されていたけど、川口とは意外だったね。なんでも、NHKは本命に断られてしまったとか。人気女優は来年上半期のスケジュールなんてとっくに埋まっているだろうし、苦肉の策だったんだろうね。

記者 川口といえば先日、格闘家の矢地祐介選手との熱愛がスクープされたばかりですが、インスタグラムでのかまってちゃんぶりがたびたび話題になるなど、以前からメンタルが繊細なことで知られています。沢尻の代役というプレッシャーに加え、本格的な時代劇は初とあって、撮影開始までに所作など覚えることは山ほどある。多忙なスケジュールを乗り越えられるのか、心配ですね。

デスク それに川口は、出演ドラマの視聴率が毎回振るわず、“低視聴率女王”ともいわれている。もし、『麒麟がくる』が大コケしたら、川口が真っ先に戦犯扱いされてしまいそうだね。

記者 ただ、演技力は確かですし、少し大きめの顔は画面映えする。ここで成功すれば、一気に国民的女優の仲間入りですからね。頑張れ、はーちゃん!!

デスク 『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で始まったクロちゃんの連載企画「モンスターアイドル」見てる? 20日に第2話が放送されたんだけど、クロちゃんのヤバさが増してて、ゾワゾワしっぱなしだったよ(参照記事)。

記者 安田大サーカス・クロちゃんがメンバーを選抜し、新たなアイドルグループをつくるってヤツですよね。沖縄4日間合宿を行い、毎日1人ずつ脱落し、最終的に残った4人がデビューできるという。表向きはリアリティー番組×アイドル選抜という今っぽい企画ですが、プロデューサーの肩書を利用して恋人もGETしようとやりたい放題&キモさ全開のクロちゃんに、視聴者からは悲鳴が上がっていますね。

デスク 水着審査と称して候補生と一緒にプールに入って、「みんなが入ってるプールの水はおいしいね」って水を飲んだり、2ショットになって手を握ったり頭をナデナデしたり、スパイを使ってお気に入りの子の本音を探ったり……セクハラし放題なんだよ! デビュー曲の作詞はクロちゃんが担当することになっていて、今回、その歌詞の原案となるポエムが箇条書きで発表されたんだけど、「私をラビリンスの住人にしたてあげたのは誰」「おりひめとひこぼしの関係をロマンティックに感じなくなったのはいつから?」「方程式じゃ答えられない感情にうつむいて逃げだしてしまったんだ」という迷フレーズに、候補生たちはみんな笑いをこらえてたよ。「マジでこれ歌うの!?」って。

記者 クロちゃんってアイドル好きで知られてますが、そもそもは自身がアイドルになりたかったんですよね? 夢のような企画じゃないですか! 『水ダウ』スタッフ、優しすぎる!!

デスク 前にクロちゃん取材したことあるんだけど(参照記事)、素であの感じなんだよね。普通の顔して、怖いこと平気で言う。お気に入りの女の子をわざと泣かして喜んだり、候補生の中にスパイがいることを匂わせて意中の子をマインドコントロールしたり……。まさに“最恐メンタル”だよ。バラエティ番組だから成立してるけど、あの人、マジでヤバすぎるよ……。

記者 『水ダウ』のことですから、このまますんなりメンバーを選んでデビューさせる、っていうだけでは終わらないですよね。一体どんな結末が待ち受けているのか、今後も引き続きウォッチしていきましょう!

関連記事(外部サイト)