中居正広、プレミア12で現場の評価は最悪…侍ジャパンから“NG指定”もあり得る状況に

中居正広、プレミア12で現場の評価は最悪…侍ジャパンから“NG指定”もあり得る状況に

中居正広

 侍ジャパンの初優勝で幕を閉じた野球の国際大会「プレミア12」だが、大会期間中、テレビ朝日とTBSの生中継に「侍ジャパン公認サポートキャプテン」の肩書を与えられた元SMAPの中居正広が出演し続けた。

「狙っていたTBSの五輪中継キャスターの座はゲットできなかった中居だが、なんとしても五輪の野球中継のキャスターの座はゲットしたいところ。大会の規模は違えど、今回は五輪に向けての“予行演習”のはず。しっかり気を引き締めて臨んでいるのかと思われたのですが、現場の評価は正直なところ最悪でしたね」(スポーツ紙記者)

 大の巨人ファンで、芸能界の中でも飛び抜けた“野球愛”の持ち主として知られる中居だが、今回の仕事は“やっつけ感”が目立ってしまったというのだ。

「すでに一部メディアで報じられていますが、練習試合のカナダ戦前は自分も円陣に入れるように要求したり、長時間にわたって中抜けしたり、さらにはトイレでの喫煙疑惑も浮上。記者のみならず、侍ジャパンの選手やスタッフの間にもその話は知れ渡っています」(同)

 今年7月に亡くなった、中居にとっての“育ての親”であるジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川氏は、来年の東京五輪で1人でも多くの自社タレントが仕事に絡むことを切望していたと言われている。ジャニーズの力を持ってすれば、中居をねじ込むことぐらいたやすいかと思われていたのだが……。

「ジャニーさんの死後、テレビ各局の態度も明らかに変わって来ている。今回の中居の仕事ぶりを受け、侍ジャパン側が中居の起用にNGを突きつける可能性も十分にある。中居に『やらかした』という自覚があれば、挽回する機会がほしいところだが、もはや、その機会も見当たりません」(同)

 大会自体に緊張感がなく、観客動員も苦戦していたが、中居はすっかりその緩んだ空気に“感染”してしまったようだ。

関連記事(外部サイト)