イモトアヤコと結婚した“石崎D”、嵐からの「ご指名」でかなりの超高収入だった!?

イモトアヤコと結婚した“石崎D”、嵐からの「ご指名」でかなりの超高収入だった!?

ワタナベエンターテインメント公式サイトより

 タレントのイモトアヤコが、11月24日に放送されたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演。番組ディレクターの“石崎D”こと石崎史郎氏との結婚を発表し、視聴者からは「本当にお似合い」と祝福の声が噴出している。

「2人の出会いは、もちろん『イッテQ』。イモトが珍獣ハンターのオーディションに参加した際に、審査員を務めていたのが石崎Dでした。それからは担当ディレクターとして、珍獣ハンターや登山のロケなどで1年のうち5カ月はイモトと共に過ごしていたといい、もはや相棒のような存在だった。マンキンリー登頂の際には番組中にキスをするなど、視聴者公認のカップルでしたね」(テレビ関係者)

 そんなか、一部メディアで報じられていたのが、2人の収入格差。石崎Dは日本テレビの所属ではなく、制作会社のスタッフということもあり、「良くても推定年収は800万円」との見方をされていた。しかし、あるバラエティ関係者はこう語る。

「石崎Dは制作会社に所属していますが、あくまでフリー的な契約になっていると聞きます。彼は『イッテQ』のほかにも、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)にも参加しており、その人柄と実力で嵐メンバーからの信頼は厚い。1流のディレクターにはタレントサイドから指名が入ることも多く、『ロケは石崎Dで』との声はトップクラスだった。当然、実入りもよくなります。もちろん、年収1億円前後と言われるイモトとの差は大きいまでも、2,500万円くらいではないかと推測します。きつい、汚い、危険、給料が安い4Kの代表と言われるテレビの裏方はなり手がどんどん減っていますが、今後ますます注目されそうな石崎Dは、テレビマンの希望の星になってくれそうです」

 この2人、実はかなりハイレベルな格差婚だったのかもしれない。

関連記事(外部サイト)