誰もわかってない! 元国税局職員が解説「この時期の源泉徴収票って何のためにある!?」

誰もわかってない! 元国税局職員が解説「この時期の源泉徴収票って何のためにある!?」

さんきゅう倉田

「退職したらどうする??源泉徴収票いる?いらない?」

 元国税局職員さんきゅう倉田です。税金やお金に関する講演会や執筆、メディアへの出演で生計を立てています。

 税金の手続きについて、まったくわからない人はたくさんいます。実際、わからない人だらけなので、上司や先輩、友達に聞いても、結局解決しません。そういう人のために、ぼくは記事を書いています。

 今回は、仕事を辞めたとき、あるいは、転職したときの税金の手続きについて。

 「辞めたら必ずもらおう、源泉徴収票」

 あなたが、会社からどのくらいのお給料をもらい、所得税をどのくらい納めたかを証明してくれるのが「源泉徴収票」です。働いていると、毎年1月にもらいます。

 この源泉徴収票は、毎年もらうけれど、ほとんどの人が何にも使わず、捨てていると思います。保育園や幼稚園に提出する場合もありますが、基本的に、確定申告をしない人は必要ありません。

 退職した場合は、退職後に源泉徴収票がもらえます。退職すると、会社に年末調整をしてもらえないので、確定申告が必要になることがあります。だから、必ず、源泉徴収票をもらいましょう。

 退職時に、「源泉徴収票はいつもらえますか?」と確認することも大切です。放っておくと、くれない会社もあるからです。

 アルバイトだと、無断欠勤をしたまま辞めたり、不義理をはたらいて辞めたりして、源泉徴収票がもらいづらい環境になっていることもあるかもしれません。

 勤務先に連絡するのがはばかられるなら、本部や本社に連絡すると良いでしょう。源泉徴収票がないと、あなたが損をします。

転職した場合ももちろん必要!

 転職した場合は、新しい会社に、前の会社の源泉徴収票を提出します。そうすることで、年末調整を受けることができます。「年末調整」とは、会社が、1年分のお給料から所得税を計算してくれる手続きです。多くの方が、年末調整で、毎年還付を受けています。

 年末調整を受けなくていいから、源泉徴収票を提出しないという選択肢はありません。必ず、前の会社からもらって、新しい会社に提出しましょう。

☆今回のポイント

「転職する場合も、再就職しない場合も、源泉徴収票が必要」

 源泉徴収票は、あなたの収入や所得税、控除について書かれた大切な紙です。勤務先があなたに交付するのは、義務になっています。どんな辞め方をしても必ずもらえます。退職から時間が経っていても、必ずもらうようにしましょう。会社が、すでに潰れてしまった場合など、特別な事情がある場合は、管轄の税務署に相談してください。そういった場合に提出する書類があります。

●さんきゅう倉田
大学卒業後、国税専門官試験を受けて東京国税局に入庁。法人税の調査などを行ったのち退職、芸人となる。芸人活動の傍ら、執筆や講演で生計を立てる。好きな言葉『増税』。

関連記事(外部サイト)