オードリー若林の結婚直後、“元カノ”南沢奈央がインスタに意味深コメントで騒然

オードリー若林の結婚直後、“元カノ”南沢奈央がインスタに意味深コメントで騒然

Sweet Power公式サイトより

 いい夫婦の日(11月22日)に15歳年下の看護師妻と結婚したオードリー・若林正恭が、11月30日深夜に放送されたラジオ番組で改めて妻との馴れ初めエピソードを語った。

「新妻との馴れ初めは、今年3月に知人の作家の紹介で出会い、8月に若林から『俺と付き合ってくれないか』と告白したそう。決め手となったのは、食事をしに行った際、注文している作家の両腕を若林が掴んで、店員にバレないよう揺らしているサマを笑ってくれたこと。これは若林が10年やっているルーティーンなのですが、これまで笑った人はいなかったため、キュンと来たのでしょう。

 また、若林は女性と話をした後は収録終わりのように疲れるため、散歩しないと帰れないことを明かすと、彼女は『なんかわかります。だから(若林さんが)本当はどういう人かわからないですね』と、男心をくすぐるような返しをしてきたといい、気持ちが楽になったのだとか。若林は『26ぐらいの子で1日も無駄にしない方がいいじゃない』との考えから、電撃プロポーズに踏み切ったといいます」(芸能ライター)

 若林は以前、女優の南沢奈央と交際していたことが広く知られている。そのため、新妻の良さを語れば語るほど、ひるがえって南沢が注目を浴びる結果に。ネット上では南沢ファンから「そんな早く結婚を決めるなんて、奈央ちゃんではピンとこなかったってこと?」「奈央ちゃんの時間は無駄にされた」との苦言が出る一方、「確かに南沢なら笑いそうにないな」「南沢は女優だから地を出せなかったんだろう」と、若林の心情を理解する声が飛び交っている。

 そんななか、若林が結婚を発表した11月23日に投稿した南沢のインスタが「怖すぎる」と話題になっている。

「南沢は『ずっと読みたかった!ようやく読めた!』と言って、今村夏子の芥川賞受賞作『むらさきのスカートの女』の書影をアップ。そして、『「人を見る」とは、どういうことなのだろう、と考えさせられました。けっこう普段、偏見や想像で人を見てしまうことも多いのかも。。』と意味深なコメントを寄せています。若林は自ら『ヤバい人に見えるでしょ』と発言することもあるため、南沢が若林を偏見や想像で見てしまっていたことを語ったのではないかと推測した人が多かったようですね」(前出・芸能ライター)

 南沢は、文学作品を読みながら元カレとの交際に思いを馳せていたのだろうか。

関連記事(外部サイト)