竹内まりやが「絶対出なかった」NHK紅白歌合戦に初出場する切実な家庭内事情

竹内まりやが「絶対出なかった」NHK紅白歌合戦に初出場する切実な家庭内事情

竹内まりや公式サイトより

 

 今年も残すところあとわずか。大晦日には「第70回NHK紅白歌合戦」が放送される。

「目玉不足」が叫ばれるなか、一部で驚きを持って伝えられたのが、シンガーソングライター・竹内まりやの初出場だ。竹内は紅組、白組のどちらにも属さない特別企画の形で出演する。

「竹内さんというより、夫の山下達郎さんがよく出場を許したな、と。これまで断ってきたのは、紅白嫌いうんぬんの話ではなく、単に山下家には『大晦日は自宅で家族と過ごすもの』という絶対的な考えがあったため。NHKに三顧の礼で迎えられたとしても、そう簡単に首を縦に振るような人とは思えませんでしたが……」(音楽関係者)

 心変わりの理由は何なのか? 追跡するとシンプルな話に行き着く。

「さすがの大物シンガーもここにきて人気に陰りが見え始めているからでしょう。今年9月に発売した40周年記念アルバム『Turntable』は初動3日間で5万6000枚以上を売り上げましたが、これまでの竹内さんからしたら物足りない数字に終わっています」(スポーツ紙記者)

 1994年に発表したアルバム『Impressions』は 350万枚以上のメガヒット。08年に発表した30周年記念アルバム『Expressions』も最終的には100万枚の出荷を達成している。

「それに比べて今回のベスト盤は滑り出しからして低調。ミリオンセールスには遠く及ばず、竹内さんサイドが危機感を持ってもおかしくはありません」(前出音楽関係者)

 そこでNHK紅白を復活の舞台に選んだとなれば合点がいく。関係者によれば、「夫の山下さんもサプライズで駆け付ける可能性がある」とも。大晦日の禁を破ってまで出場する初紅白。夫婦共演なるか、注目だ。

関連記事(外部サイト)