アンタッチャブル復活の裏側、松田聖子の加齢が深刻……週末芸能ニュース雑話

アンタッチャブル復活の裏側、松田聖子の加齢が深刻……週末芸能ニュース雑話

この写真の撮り直しも間近!?(人力舎公式HPより)

アンタッチャブル復活、柴田が山崎に追いついた!?

デスクH  アンタッチャブルが電撃復活したね! 柴田がジャケットを脱ぎ捨ててザキヤマに一礼してから漫才始めたシーン、何度見ても胸アツだなぁ(参照記事)。 

記者I  『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)の柴田が出演する回では、ゲストが好きな芸人としてアンタッチャブルの名前を挙げ、MCの有田哲平が「そうおっしゃると思って、今日は柴田さんの相方をお呼びしました」と偽ザキヤマを呼ぶのがお決まりとなっていたんですが、今回はまさかの本人登場。「うわーーー! バカ、ダメだって!」と床に倒れ込み、「この番組でやんの?」と慌てふためく柴田ですが、即座に「よっしゃー!」と切り替え、10年ぶりの漫才スタート。震えましたね!

デスク しかもさ、今回披露したネタはザキヤマが芸人として踏みとどまる転機となったと語る、2003年の『M-1』で披露したファストフード店だったんだよね。途中で「いいかげんにしろ!」とツッコんで漫才を締めようとした柴田を、ザキヤマが「まだまだ」と引き留めて漫才を続けたところもまたよかった!! 

記者 2010年、柴田が女性トラブルを報じられるなどして約1年間休業して以降、アンタッチャブルはコンビ活動を停止。真面目な性格の山崎は、スキャンダル体質の柴田のことが許せず、「復帰するのはいいけど、コンビとしての活動はしない」と明言していたとか。しかし、ここ数年、BSや地方局を含め、テレビ出演もじわじわ増やしてきた柴田とは対照的に、山崎は人気に陰りが見え始めていた。10年という区切りもありますし、コンビ再結成は、双方にとっておいしい話だったんでしょう。

デスク やっぱりさ、年取るとたいがいのことを気にしなくなるっていうか、どうでもよくなっちゃうんだよね。過去のいさかいなんて忘れて、人生を謳歌したほうがいいって気づくっていうか。“変態紳士”でおなじみの高嶋お兄ちゃん(政宏)も言ってたよ!(参照記事)。アンタッチャブルにしても電気グルーヴにしても、いろいろあってもまた一緒にやっていける相棒がいるのって、うらやましいよ! Tクン、これからもよろしくね!!

記者 ……は、はい。

記者 漫才といえば、今年の『M-1』の決勝出場9組が決まりました。昨年まで3年連続準優勝の和牛をはじめ、ミキ、アインシュタインなど優勝候補がそろって敗退。かまいたち、見取り図以外の7組は初出場となります。

デスク 22日の決勝当日に行われる敗者復活戦はこの3組に加え、天竺鼠やカミナリ、錦鯉といった実力派が名を連ねている。決勝より、こっちのほうががぜん盛り上がりそうじゃない? 敗者復活は視聴者投票によって決まるため、女性人気の高い和牛やアインシュタインの一騎打ちと見る向きもあるね(参照記事)。熾烈な戦いが予想されるだけに、ここでの勝者がそのままの勢いで優勝しちゃうかも!?

記者 確かに、過去にはサンドウィッチマンの例がありますからね。『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』(集英社)が大ヒット中のナイツ塙によると、<持ち時間が4分しかない『M-1』では、スピード感があって、笑いの数の多い漫才が最強のスタイル>だといいますしし、視聴者を味方につけた勢いがあるコンビが有利なのは間違いないでしょう。

デスク それはそうと、決勝のメンツに「ぺこぱ」が入ってるのは、正直びっくりしたなぁ。松陰蔭寺太勇って、『有田ジェネレーション』(TBS系)に出てたキザ芸人でしょ!?  

記者 一見キャラものネタに見えて、漫才の構造自体に疑問を投げかけるネタに定評があるんですよ。『有ジェネ』出身といえば、インディアンスもいますね。あと若手では、テレ東の佐久間宣行Pも推してる「からし蓮根」も注目です。

デスク 結局、“M-1運営” にハマるかどうかが選考基準になってる、との声もあるしね(参照記事)。そういう意味では、「からし蓮根」はピッタリ。まぁ、テレビありきの賞レースなんだから、ある程度は仕方ないとも思うよ。ただ僕としては、今年こそ、かまいたちに獲ってほしいなぁ! あのガツガツしてない雰囲気が職人って感じで好きなんだよね(参照記事)。あと、あんな騒動がありながらも今年も審査員を務める、上沼恵美子の動向にも注目だね。

記者 先週はおめでたいニュースが続きましたが、今週は神田沙也加が不倫……ではなく、離婚していたことがわかりました。離婚の理由は、子どもが欲しくない神田と欲しい夫(俳優・村田充)の”出産計画の相違”としていますが、「わたしは生きてきた環境の中で持った考えを変えられず、彼を幸せにすることが出来ないと思いました」という沙也加のコメントが、グッときましたね。

デスク 間違いなく、母・松田聖子の影響だろうね。聖子は神田正輝と結婚していた期間も不倫疑惑が持ち上がったり、その後も再婚・離婚を繰り返し、沙也加はそれにさんざん振り回されてきた。自伝『Dollygirl』(宝島社) では、両親共に芸能人であることや、転校を繰り返したことで壮絶ないじめに遭ったとも告白しているし、いろいろトラウマがあるんだろね。

記者 もともとは来年まで離婚を発表する予定はなかったものの、5日発売の「女性セブン」(小学館)で、沙也加とジャニーズJr.秋山の不倫疑惑が報じられたことから、慌てて離婚発表となったようです(参照記事)。

デスク でもこれ、業界内では“偽装離婚説”が飛び交っているんでしょう?

記者 はい。沙也加と村田は「夏時点で夫婦関係は崩壊していた」としているんですが、ちょうどその頃、2人が仲良く外出する姿を目撃した人がいるんです。沙也加は現在、大ヒット上演中のディズニー映画『アナと雪の女王2』でアナの声を担当。外資だけに不倫発覚に伴う違約金の発生条件も細かく定められており、その額も半端ではない。そのため、「離婚していた」ことにしたのではないかとみられているんです。

デスク 確かに、セブンの直撃を受けた村田は「離婚はない」と断言したにもかかわらず、ブログでは「今年の夏、二人で円満に離婚届を作成し、離婚に双方合意をいたしました」と前言撤回。実際に離婚届を提出したかどうかは不明だね。

記者 聖子と沙也加は不仲説が取り沙汰されていますが、このお騒がせぶり……血は争えませんね。

デスク そんな聖子は、年末恒例のディナーショーやファンミに励んでいるみたいだよ。文春によると、10月の増税のタイミングでファンクラブの年会費が4200円から5800円に引き上げられたため、ファンから「上げすぎ!」と不満の声が噴出しているとか。さらに、ファンミでは「最近なんだか目が見にくい」とか、「この年になると肉よりサバの塩焼きがいい」など、オバサン発言を連発……。ファン層に合わせリップサービスだろうけど、時の流れを感じるなぁ……。

関連記事(外部サイト)