沢尻エリカ被告、「謝罪はしない!裏から逃げる」我が道を行く“保釈劇”の舞台裏

沢尻エリカ被告、「謝罪はしない!裏から逃げる」我が道を行く“保釈劇”の舞台裏

沢尻エリカ

 合成麻薬のMDMAを所持したとして麻薬取締法違反容疑で東京地検に起訴された女優・沢尻エリカ被告。20日間の勾留期限が満期を迎え、沢尻被告の弁護士側は保釈請求を行い、6日の夜、勾留先の東京・警視庁東京湾岸署から保釈された。

 沢尻被告は、集まった多くの報道陣の目を避けるように署の裏口の地下駐車場から、関係者が運転するとみられる黒色のカーテンで窓が覆われたワンボックスカーに乗り込むと、無言のまま走り去った。

 その後、東京・新宿区内の大学病院にそのまま入院し、「多くの方々を裏切ってしまったことを心の底から後悔しております。今後、違法薬物と決して関わりを持つことのないよう、人間関係を含めたつながりを一切絶つことを固く決意し、専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します」とコメントを発表した。

 湾岸署の玄関口で待ち構えながら、沢尻被告に肩透かしを食らった、ある民放テレビ局の情報番組スタッフは語る。

「酒井法子やピエール瀧、田口淳之介など、近年芸能人が薬物事案で逮捕され、保釈される際には集まったメディアなどを通じて世間に謝罪するというのが、通例となっていました。そうした中、人目を避けるように裏口からこっそり“逃げた”のは世間的にも印象は良くない。沢尻被告に世間を騒がせた自覚があるのか甚だ疑問です」

 そうした中、一部報道では、沢尻被告の関係者が保釈の際に本人に謝罪するように説得したものの、沢尻被告本人が「謝罪はしない」と難色を示したと伝えている。さらにこんな話も。

「沢尻被告が“公開謝罪”を拒む中、せめてもの策として関係者が、ちょうどNHKが『ニュース7』を放送している時間帯に合うよう調整したのではといった噂も囁かれています。今回の沢尻被告の逮捕でもっとも被害を被ったテレビ局は、何と言っても大河ドラマ『麒麟がくる』の主要キャストにキャスティングしていたNHKですからね」(前出の民放テレビ局の情報番組スタッフ)

 午後7時25分頃に保釈され、そのまま入院という形ですぐに雲隠れした沢尻被告。「謝罪はしない」「裏から逃げる」と、我が道を行く“エリカ様”らしい“保釈劇”だった。

関連記事(外部サイト)