紅白抜擢のNHK和久田麻由子アナ、お正月には“ある場所”に夫とお忍びで出現か!?

紅白抜擢のNHK和久田麻由子アナ、お正月には“ある場所”に夫とお忍びで出現か!?

NHK公式サイトより

 現在NHKの朝の顔として『おはよう日本』のキャスターを務める和久田麻由子アナ。年末の紅白の司会にも起用され、NHKのエースにのし上がった彼女だが、来年早々、“ある場所”に姿を表すのではないかと、一部で話題になっている。

 和久田アナは、2011年にNHKに入局し、2014年に『おはよう日本』の土日キャスターを経て、翌年からメインともいえる平日キャスターを担当。東京大学出身の才媛で、親しみやすいルックスの持ち主の彼女にNHKがかける期待は並々ならぬものがある。女子アナウォッチャーがいう。

「通常であれば、NHKの新人女子アナはまず地方に行かされ、2カ所を回った後に東京に戻るのが通常パターンです。『ニュースウオッチ9』の桑子真帆、19時のニュースの上原光紀、『あさイチ』の近江友里恵、週末のスポーツニュースの副島萌生など、人気女子アナは全員そのコースをたどりました。しかし和久田アナだけは岡山放送局に行った後、すぐに東京に呼び戻されると、そのまま朝の番組に抜擢されています。今年の紅白も、昨年担当の桑子アナが今年も起用されるものと見られていましたが、フタを開けてみれば起用されたのは和久田アナ。来年の五輪キャスターも和久田アナが本命視されており、文字通りエースへとのし上がったようです」(女子アナウォッチャー)

 そんな彼女は今年の初めに商社マンと結婚。その夫が元・箱根駅伝のランナーということで、駅伝ファンの間では、ある噂が流れている。箱根駅伝に詳しいスポーツライターがいう。

「和久田アナの結婚相手は早稲田大学競走部出身で、箱根駅伝で山登りの5区を走り、総合優勝に貢献した選手です。卒業後は大手商社に就職し、現在は海外勤務。和久田アナとは新婚早々離れ離れの生活を送っていますが、年末年始はさすがに帰省するでしょう。そうなると気になるのが、母校の箱根駅伝です。

 母校の早稲田は今年も箱根駅伝に出場しますが、例年、箱根に出る大学のOBは、復路のゴール地点の大手町に集まるのがお決まりです。ゴール後には報告会があり、そこに行けば仲間や監督、関係者などに会えますから、いわば『箱根出場=OB会の開催』のような側面もあります。そこに、新婚の夫が和久田アナを伴って現れるのではないかと噂されているのです。今年の早稲田は久々に予選会に回りましたが、ギリギリでの通過だったので、厳しいレースが予想されており、別の意味で手に汗握る展開になりそうです」(スポーツライター)

 和久田アナにとって箱根駅伝はライバル局の超優良コンテンツだが、紅白という大役を終えた彼女のお正月は、夫の解説付きでの箱根駅伝観戦かも?

関連記事(外部サイト)