日向坂46、レコード大賞の最有力候補か!? 不自然な新人賞回避に主役獲りの形跡

日向坂46、レコード大賞の最有力候補か!? 不自然な新人賞回避に主役獲りの形跡

日向坂46公式ツイッターより

 12月30日にTBS系で放送される『第61回 輝く!日本レコード大賞』。今年は日本全国の誰もが知るようなヒット曲がないなか、賞レースは混迷を極めている。

「一応、最大のヒット曲というとFoorinの『パプリカ』でしょう。しかし、この曲は発売が2018年8月で、今年ではなく昨年の作品。そもそもノミネートしていることに疑問を抱く声があり、大賞は微妙だと目されています」(音楽事務所関係者)

『パプリカ』ではないのであれば、一体どの曲が有力視されているのだろうか。

「本命とされているのが、2年連続で大賞を獲得している乃木坂46。しかし、ノミネートされている『Sing Out!』という曲の知名度が低く、グループとしてもピークを過ぎているという意見も多い。その対抗と言われているのが、欅坂46『黒い羊』です。

 ただ欅坂46については、平手友梨奈のイメージが強すぎる割に本人のやる気があまり感じられないと、業界内ではすこぶる評判が悪い。そういう意味で、審査員たちの票を集めるのは難しそうです」(同)

 そんな中、大賞受賞の現実味が増してきているのが日向坂46だ。あるベテラン芸能記者はこう話す。

「とりあえず坂道シリーズのどれかが取るだろうといわれていて、その中でも業界内で期待度が高いのが日向坂46。いちばんの妹分グループということもあって、まだまだやる気に満ち溢れているし、謙虚な姿勢を崩していない。メンバーの知名度もまだまだですが、その分地道に努力を重ねていると評判です。そういったところで、日向坂46に票が集中しそうだと予想されています」

 日向坂46は、けやき坂46名義で昨年アルバムデビューをしているが、ファーストシングルを発売したのは今年。つまり、大賞の方ではなく、新人賞の方にノミネートされていてもおかしくないのだ。

「新人賞の方にはハロプロのBEYOOOOONDSというライバルもいますが、単純にシングルの売上枚数だけを見れば日向坂46の方がはるかに多い。つまり、日向坂46は最優秀新人賞を獲る可能性が高かった。にもかかわらず、激戦の“大賞レース”の方に参加しているのは、何か裏があるのではないかともいわれている。それこそ日向坂46が主役になるようなシナリオがすでにあるのでは? という噂まで流れています」(同)

 さまざまな要素において、大賞に近いとされる日向坂46。今後の坂道シリーズを牽引していくのは、日向坂46ということになりそう?

関連記事(外部サイト)