土屋太鳳、2年連続『レコ大』司会で期待される昨年以上の“爆乳くっきりドレス”

土屋太鳳、2年連続『レコ大』司会で期待される昨年以上の“爆乳くっきりドレス”

インスタグラム:土屋太鳳(@taotsuchiya_official)より

 あの隠れ巨乳のさらなる成長が拝めそうだ。

 12月30日に放送される『第61回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の司会を安住紳一郎アナと共に、2年連続で土屋太鳳が務めることが決定した。

 安住アナは「すごくハッピーオーラを持った方」と土屋を評していたが、とりわけ男性視聴者をハッピーにしてくれそうなのが、土屋の衣装だ。

「昨年の土屋は主演していた同局系ドラマ『チア☆ダン』の衣装をリメイクしたドレスで登場。デコルテがあらわになっており、横からの映像では大きなお椀がはちんきれんばかりにドレスを押し上げているのがわかりました。番組中盤には真紅のスカートからブラックのシースルースカートにチェンジ。真っ直ぐに伸びる美脚をのぞかせる艶演出も。その効果は絶大で、視聴率は16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と一昨年より2%以上アップ。見事に視聴率を押し上げたかたちです」(芸能記者)

 エンタメ誌ライターも土屋の胸をこう絶賛する。

「土屋はコンテンポラリーダンスの名手としても有名ですが、もともとはジャズダンスを習っていた。その特有の動きによって胸筋が発達しているんです。それがあの重力にも負けないほどのロケット乳を支えている。昨年の高視聴率は土屋のバスト効果であることは番組スタッフもわかっていますから、今年は昨年以上の悩殺ドレスをリクエストしているはず。あの爆乳がこの1年でどれだけ磨きがかかっているのか楽しみです」

 今年のレコード大賞は乃木坂46の3連覇や、姉妹グループの欅坂46、日向坂46の初受賞、平均年齢11.2歳のFoorinの最年少受賞に注目が集まっているが、例年に比べ小粒な印象。となれば、受賞アーティストをさしおいて土屋が番組の「主役」となるかもしれない。

関連記事(外部サイト)