ピエール瀧の不祥事で大出世!? ソニーミュージックのグループ内人事が大ひんしゅく

ピエール瀧の不祥事で大出世!? ソニーミュージックのグループ内人事が大ひんしゅく

ピエール瀧

「平成」が終わり新たに始まった「令和」だが、芸能界はのっけからネガティブな騒動が盛りだくさんとなっている。

 多くの人が時代の節目を感じ、世間が高揚ムードに包まれていた今年3月には俳優、タレントとしてマルチな活躍を見せていた人気テクノポップユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧が、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕され、億単位とも言われる損害賠償の額も大きな注目を集めた。
 
 さらに、「令和」になって間もない6月には、吉本芸人を中心とした反社会勢力への“闇営業騒動”が浮上。吉本興業ホールディングスの岡本昭彦社長による長時間のグダグダ会見や渦中のお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮らに発したとされる「お前ら、テープ回してないやろな?」、「(会見を)やってもええけど、全員連帯責任でクビにするからな。それでえーか? 俺にはお前ら全員クビにする権利があるからな」といった恫喝まがいのパワハラ発言には多くの批判の声が寄せられた。

 同社に関しては、その後に人気所属芸人のチュートリアルの徳井義実が1億円を超える申告漏れと所得隠しを東京国税局に指摘されたほか、同じく人気所属コンビ・ミキのステマ疑惑が報じられるなど、今年は騒動続きだったといっても過言ではないだろう。

 そしてここに来て、映画やドラマ、CMなどで活躍し、来年放送のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』でも主要キャストの一人に起用されていた人気女優・沢尻エリカが合成麻薬MDMAを所持していたとして警視庁組織犯罪対策5課に逮捕され、今後の動向や交友関係にも注目集まっている。

 令和元年は芸能人にまつわる不祥事が例年になく際立った年となったが、「近年はインターネットの普及によって情報過多社会となり、かつての“幻想”が成立しにくくなり、芸能界に対する世間の懐疑的な見方や不信感が増している。そうした中での芸能人による度重なる不祥事は、芸能界全体にとってもマイナスに作用しています」と語るのは芸能リポーター。

 もちろん、こうした危機感は芸能界サイドもいたく痛感しているようだ。

 かつては所属タレントの不祥事に沈黙を貫く芸能事務所も多かったが、吉本芸人による“闇営業騒動”では結果的にはその内容に批判の声が集まったものの、形式的には社長自らが謝罪会見を実施。

 沢尻容疑者の逮捕に関しても、所属事務所のエイベックス・マネジメントが公式ホームページで「厳正に対処する」との声明を発表し、スポンサー各社や放送局など関係各所への謝罪行脚に勤しむなど、世間に対してそれなりの対応を示した。

「吉本にしろ、エイベックスにしろ、芸能界はもちろん、メディア業界にも大きな影響力を持つ大手事務所ですからね。ネットが普及していなかった昭和の時代や平成のはじめなら、あそこまで真摯な対応は見せなかったでしょうし、時代の流れを感じましたね」(別の芸能事務所のベテランマネジャー)

 他方、危機対応能力という観点から業界内で評判が芳しくないのが、「ソニー・ミュージック」グループだという。

 同グループといえば、世界的メーカーのグループ子会社ということで、古くから魑魅魍魎うごめく芸能界でも比較的クリーンな老舗企業というイメージを持たれてきた。

 現在も音楽系事業を統括する系列のソニー・ミュージックエンタテイメントは数多くの人気アーティストを抱えて、近年も米津玄師や菅田将暉などの売り出しに成功。系列のマネジメント会社であるソニー・ミュージックアーティスツはアーティストのみならず、女優・二階堂ふみや土屋太鳳、俳優・成田凌、お笑いコンビのバイきんぐなども人気を集め、所属タレントが幅広いジャンルで活躍し、わが世の春を謳歌している印象もある。

「ピエール瀧さんが逮捕された際、所属事務所のソニー・ミュージックアーティスツは一応、形式上のお詫びのコメントを公式HPに掲載こそしましたが、その一方で騒動の真っ只中にグループ内で大きな人事異動を行い、ソニー・ミュージックエンタテインメントの社長(当時)だった水野道訓さんが会長に昇進したんですよ。瀧さんがあれだけの騒動を起こして世間を震撼させて、関係各社に億単位の損害を起こしながら、グループのトップがその数日後にシレッと昇進したのには呆れましたし、業界内でも大いにひんしゅくを買いました。もっとも、元々ソニー・ミュージックグループは親会社が日本を代表する大企業ということもあり、以前から音楽業界内でもどこか超然的な雰囲気を漂わせていて、実際にプライドの高い社員も多く、いちアーティストの不祥事なんて、グループにとっては大した問題ではないと考えているのかもしれません」(別のレコード会社スタッフ)

 大手や老舗としてのプライドがなせる業なのかもしれないが、時代遅れの対応が今後に思わぬ禍根を残さなければいいのだが……。

関連記事(外部サイト)