田中圭、おっさんずラブで「ブリッコおじさん」がエスカレート! この路線と覚悟を決めたか

田中圭、おっさんずラブで「ブリッコおじさん」がエスカレート! この路線と覚悟を決めたか

田中圭

 シーズン1のファンから批判され、運営サイドの“やらかし事案”もいくつか露呈しているテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ -in the sky-』だが、主演である田中圭の演技についても、変化が出ているようだ。

「田中圭が演じる春田創一は、おっちょこちょいで多少おバカな面があるけど、真面目な青年という設定。大まかなキャラクターはシーズン1のときとそこまで変わっていないんですが、作風のコメディー感が高まっているということもあってか、田中圭の演技が大げさになっていて、“ブリッコ”度合いが増しています。この演技を“かわいい”と喜ぶ視聴者がいる一方で、“おじさんのブリッコは見てられない”という視聴者も多いようです」(テレビ誌記者)

 この田中圭の“ブリッコおじさん路線”は、『おっさんずラブ』のシーズン1とシーズン2の間に出演した日本テレビ系ドラマ『あなたの番です』でエスカレートしたと言われている。

「『あな番』では、年上の妻に甘える年下夫というキャラを演じていましたからね。『おっさんずラブ』の春田創一よりも、単純にブリッコなシーンが多いんです。『あな番』を経たことで、田中圭としても自然と“ブリッコおじさん”へと向かってしまったのかもしれません」(同)

 私生活では、どちらかというとワイルド系で決してブリッコではないと言われている田中。もちろん、そういった男臭い田中圭を求めるファンも少なくないはずだ。しかし、今はあえてブリッコおじさん路線を極めるべきだという意見もある。ドラマ関係者は語る。

「絶対的な主演俳優は、その人らしいキャラクターを持っていることがほとんど。たとえば木村拓哉は“どんな役を演じても木村拓哉になる”と言われていますが、それだけ本人のスター性が強いということであり、だからこそ、代わりがいない俳優として高額なギャラが支払われるわけです。

 これまで、田中圭は3〜4番手くらいの位置でいろいろな役を演じられる俳優として重宝されていましたが、その分ギャラも安かったし、休む暇もなかった。でも、田中圭のキャラクターが確立されて、絶対的主演俳優になれれば、ギャラも上がるし、スケジュールにも余裕が出る。つまり、いろいろな役をやるよりも、ブリッコおじさんを極めたほうがメリットが大きいんです。事務所としても、忙しいけど売上が少ない俳優よりは、少ない仕事で大金を稼ぎ出す俳優のほうが有り難いわけで、田中圭のブリッコ化は望むところだと思います」

 “ブリッコおじさん”のキャラクターでスターとなった俳優など、ほとんど聞いたことがない。つまり、強力なライバルはおらず、田中圭がブリッコ界のトップになるのは決定的。そういう意味でも、狙わない手はないはず。今後、40代、50代になってもブリッコを続ける田中圭を見られる……かもしれない。

関連記事(外部サイト)