TOKIO国分太一、仕事激減で名古屋ローカル冠番組決定も“都落ち”の印象拭えず

TOKIO国分太一、仕事激減で名古屋ローカル冠番組決定も“都落ち”の印象拭えず

(c)日刊サイゾー

 9月いっぱいで、メインキャスターを務めていた情報番組『ビビット』(TBS系)を打ち切られ、仕事が激減していた、TOKIO・国分太一が来年2月2日に東海テレビでスタートする情報バラエティ番組『タイチサン!』(日曜午後0時〜)で冠番組をもつことがわかった。

 同番組のコンセプトは「東海地方の“ざわめき”を放っておかない!」で、「食」「ひと」「こと」など、さまざまな“巷のざわめき” を深掘りし、視聴者の暮らし、人生を豊かにする内容。MCとなる国分自らも街に赴き、東海地方の未来を想う人々と触れ合い、地域の魅力を肌で感じ、番組を通じて発信していくという。

「帯番組を失ってしまった分の補てんは、そう簡単にはいきません。ジャニーズ事務所も、もちろん在京キー局への営業をかけているが、数字が獲れるとは思えない国分では、なかなか新たなレギュラー番組を獲得するのは難しい状況。そこで浮上したのが、ローカル番組でのMCです。『いっぷく!』(TBS系)、『ビビット』で、まったく視聴率を獲れなかった国分に情報番組を任せても、数字的には厳しいんじゃないでしょうか」(テレビ局関係者)

 “冠番組”というと聞こえはいいが、国民的アイドルグループの一つであるTOKIOのメンバーが、地方局で番組をもつというのは、正直“都落ち”の印象が拭えない。だが、仕事が激減している以上、ジャニーズも本人も背に腹は代えられないのだろう。

 さしあたって、『NHKのど自慢』(NHK総合)、『上沼・高田のクギズケ!』(中京テレビ)、『アッコにおまかせ!』(CBC)、『ビートたけしのTVタックル』(メ〜テレ)などと、視聴率争いをしていくとみられる国分。ここでも数字を獲れなければ、ローカル局で冠番組が打ち切られるという屈辱を味わうことにもなりかねないが、果たして?

関連記事(外部サイト)