「モンスターアイドル」であらわになった、クロちゃん“お気に入り”の表と裏の顔

「モンスターアイドル」であらわになった、クロちゃん“お気に入り”の表と裏の顔

『水曜日のダウンタウン』公式サイトより

 安田大サーカス・クロちゃんがメンバーを選抜し、新たなアイドルグループをプロデュースする企画「MONSTER IDOL」の4週目が、12月4日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で放送された。

<これまでのあらすじはこちらから

クロちゃんに好意を伝える候補生がまだいる

 沖縄合宿の3日目。この日、クロちゃんはデビュー曲の歌詞を1番まで作ってきていた。これが不思議な世界観なのだ。

「織姫と彦星の関係を ロマンティックに感じなくなったのは いつから? 駆け抜ける風に託した想い 言葉では伝えることができなくなってる 名もなき神が与えた試練に バケツの水をひっくり返して サ・ケ・ン・デ・タ!! だから無駄じゃないよ 経験したすべて スキップしながら唾かけて ねえ 見てた夢を現実に 引っこ抜いて奏でるんだ 守りたい過去より見上げた空へ 失ってたメロディー♪」

 クロちゃん自らが歌った仮歌も用意されていた。曲はちゃんとしたものなので、クロちゃんによる歌詞が乗っかっても意外と聴けてしまうのが不思議。ただ、声がさすがに気持ち悪すぎる。途端に笑いをかみ殺す候補生たち。完全に「笑ってはいけない〜」の様相に突入だ。そもそも「スキップしながら唾かけて」とは、どんなメッセージなのだろう?

 その後、候補生のヒナタがクロちゃんの部屋へやって来た。初日にクロちゃんへキスをした大胆な子である。彼女は、クロちゃんが一番気に入っている子はナオと予想していた。

「一番(ナオと)2人で一緒にいるから、それにちょっと“ん゛ー!”ってきちゃって。私ホントにクロちゃんさんのためだったらなんでもするし、いくらでも癒やすし、力になりたいから。できることがあったらなんでも言ってくださいね」(ヒナタ)

「その積極的なところはさ、嫌いじゃないね」と腹立つ一言を返したクロちゃん。やはり、初日と同様に、彼はヒナタを残すのか?

 クロちゃんからスパイに指名されたアイカは、この日も真面目にスパイ活動に従事する。クロちゃんの仮歌の歌い方を他の候補性が真似し、皆で笑い者にしていたと報告したのだ。

「“良い”って言ってたじゃん、あいつら。女子校だね、こんな感じね。あぁ……そんなこと言ってんのかあ」(クロちゃん)

 その頃、ナオはアイカ以外の候補生を招集し、アイカにしか話さなかったことがクロちゃんに伝わっていたと相談した。「話盛られてそう」「本当のこと言ってるとは限らない」とアイカに対する不信感はまんまと上昇し、その状態でナオは「みんなでタイミングがあったら言いたい」と一致団結を呼び掛けた。

 はっきり言って、怖い。言いたいことがあるなら1対1でやればいいのに、みんなを味方にして からアイカを追い込むナオの算段……。まさしく、クロちゃんが言っていた「女子校だね」を、そのまま見せられている感がある。

 その夜、「クロちゃんに直接言った?」とナオから責められたアイカは、事実を認めた。その理由は「言ったほうがいいのかなと思って、自己判断で」。クロちゃんからスパイを依頼されていたことについて、彼女は口を割らずにいる。こうなると、アイカは吊るし上げられてしまうが……。その瞬間に、クロちゃんが通りかかった。

「だって、アイカは俺のスパイだから。アイカのこと責めるっておかしいから。それによって俺が昨日落としたかって言ったら別に落としてないじゃん。ショックだったけどね。裏と表あるの、ちょっと怖いね」(クロちゃん)

 すかさず、スタジオにいる浜田雅功が「お前や!」とクロちゃんに突っ込む。そう、ここで対峙しているのは裏と表のある者同士。クロちゃんとナオの直接対決が始まった。

ナオ「私たちはクロちゃんに恋愛感情を持っていないとダメなんですか?」

クロちゃん「ううん、別にそうは言ってないよ。言ってないけど、ウソはダメじゃない? ウソつく奴は入れたくないね」

 クロちゃんがウソを咎める図が、あまりにもブーメランになっているのは皮肉だ。しかし、うなずけるところはある。クロちゃんは「自分に恋愛感情を持て」と候補生に呼び掛けたことはなく、「LOVEです」「クロちゃんの1番になりたい」と恋愛感情を持っているふりをしたのはナオからなのだ。そのことを棚に上げ、被害者側に立とうとするナオもなかなかのハートの持ち主である。

 異常な空気の合宿所。なのに、さらに修羅場と化していく。まず、画面には「このあとクロちゃんの行き過ぎた言動があったため一部シーンをカットしてお送りします」というテロップが流れ、不穏なBGMがかぶさった。しゃべり続けるクロちゃん、泣き崩れる候補生たち……という光景だけ公開されたのだ。

 解せない。こんな処理をするのなら、カットしてもよかったはずなのに。わざわざこんな形で放送しているところに、制作陣の「あおりたい!」という意図が感じられる。ちなみに放送直後、クロちゃんは「カットになったとか、なんなのぉー(;ω;)  もしも、万が一、モンスターアイドルがDVDになる事があったなら、カットのシーンを特典映像で入れて欲しい」とツイートしている。モンスターという役割に忠実な彼のプロ根性も、隠し切れなくなりつつある。

 あと、もしもクロちゃんの言う通り、このシーンがDVDで特典映像になるのなら、危ない素人にキレた板東英二を早送りで処理した回(6月12日放送「中継先にヤバめ素人が現れてもベテランリポーターなら華麗にさばける説」)の映像も一緒に収録してほしいものだ。

 こんな地獄絵図の中、「それでは本日の脱落者の発表をします」とクロちゃんは追い打ちを掛けにいく。意外にも、この日の脱落者はヒナタだった。

「もうちょっとかわいらしい感じがいいなと思ったんで。ヒナタはかわいいというよりはカッコいい系のほうが似合いそうだったから、ちょっと僕の思っているアイドル像とは違いましたね」(クロちゃん)

 脱落者に関して、いつも納得できる理由を根拠にしているのが無性に腹立たしい。ただ、ヒナタを落とした決断には、実は重大な意味が含まれていた。キスをするなど全力の色仕掛けでアピールしてきたヒナタが落とされたということは、「クロちゃんに恋愛感情を持っていないとダメなんですか?」というナオの問いが正式に否定されたことになるからだ。恋愛感情を持っていても落とされることはある。どうも、プロデューサーとしてクロちゃんは全員をガチでチェックしている節があるのだ。

 翌朝、候補生の部屋を見ると、布団の敷き方がえげつない。ナオを含む4人の布団は固まっているのに、アイカの布団だけポツンと離れ小島になっていたのだ。そして、ナオは「海へ遊びに行こう」と仲間の4人に呼び掛けた。

「アイカちゃんも一緒に行かない?」(ナオ)

 元スパイのアイカにもナオから誘いの声がかかり、思わずホッとしてしまう。5人全員で遊びに行く候補生たち。海に到着すると、ナオはアイカに謝罪した。

「昨日……いろいろあったけど、ごめんねっていう気持ち」(ナオ)

 アイカはナオに許された。この2人のやりとりを契機に、他の候補生たちも次々と許しの言葉を口にし始めたのが興味深い。これは、すでにナオがボス格の地位を確立しているということ。クロちゃんにLOVEを告白するなどウソを厭わず、被害者側に立とうとするテクニックがあり、強さを兼ね備えたナオの人物像が出来上がりつつある。そんな彼女が主導する形で5人の絆が深まったのだから、結果オーライか。

「こういう困難を超えてこそ良いグループになると思うから。逆に今回そういうことがあって団結力増したと思うから。雨降って地固まるじゃないすか、うん」(クロちゃん)

 なんだかんだ、クロちゃんの言う通りになっているのは恐ろしい限りだ。

 今夜放送『水曜日のダウンタウン』は、「MONSTER IDOL」の最終回。今日で新アイドルグループの詳細は明らかになる。歌も衣装もグループ名も決まりかけており、残るは誰がメンバーに選ばれるか。

 ただ、前回のレビューでも触れたが、無事にグループがデビューし「これから応援してください!」と言われても、「MONSTER IDOL」は穏便に終わらない。表と裏の顔が明らかになったナオはアイドルとして応援しづらいし、スパイに指名されたアイカは前科を作られたも同然。そんな5人は、果たしてアイドルファンから支持を得られるのだろうか……?

 予告を観ると、どうやらクロちゃんは号泣しているようだ。クロちゃんに制裁が下されるような雰囲気もあった。でも、クロちゃんに逆アップをかますというラストは、前企画「モンスターハウス」でも行われた。多くの視聴者が予想しているオチだ。「どうせ、そういう終わり方になるんだろ?」という視聴者の安易な読みが引っくり返る、斬新なエンディングは用意されているのか――。期待したい。

(文=寺西ジャジューカ)

関連記事(外部サイト)