元SMAP、「ガキの使い」出演でもテレビ完全復帰がまだまだ先になりそうな2020年の業界事情

元SMAP、「ガキの使い」出演でもテレビ完全復帰がまだまだ先になりそうな2020年の業界事情

新しい地図

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が今年大みそかの日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の年越しスペシャル、来年1月2日放送のテレビ東京系『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』に出演することが一部で報じられ、テレビの地上波復帰が話題となっている。

「“新しい地図”の3人はジャニーズ事務所を退社以降、CMやインターネット番組などでの露出はあるものの、民放地上波に関しては退社前からの仕事を除けば香取が今夏に日テレの朝の情報番組『スッキリ』にゲスト出演したくらいでしたからね。世間の注目を集めるのもうなずけます」(民放テレビ局情報番組スタッフ)

 そうした中、来年は番組レギュラー出演など、本格的な地上波復帰の可能性も取り沙汰されているが、現実はなかなかに厳しいという。

「今年7月に公取委から注意を受けた古巣のジャニーズ事務所が、あからさまに彼らの活動を邪魔することはさすがにないでしょう。とはいえ、さすがにジャニーズタレントとの共演は厳しい。我々テレビ局サイドも当然、両者の関係は意識はします。現在、ゴールデンプライム帯の番組の8割近くになんらかの形でジャニーズタレントが出演しているともいわれていますし、そうなると“新しい地図”の3人の活躍の場もかなり狭められますからね」(同)

 さらに、2020年の芸能界事情も3人にとってはマイナスに働きそうだとか。

「来年は東京五輪が開催され、数多くのジャニーズタレントが五輪関連番組に出演することが予想されます。そうなると、これまで以上に3人の地上波レギュラー出演へのハードルは高くなるでしょうね」(同)

 3人のテレビ完全復帰は、まだまだ先になりそうだ。

関連記事(外部サイト)