“水事件”で干された川越シェフ、3年ぶりテレビ復帰はキムタクドラマの人気に便乗か

“水事件”で干された川越シェフ、3年ぶりテレビ復帰はキムタクドラマの人気に便乗か

イメージ画像

 12月23日に放送される『お願い!ランキング年末特別編 復活!美食アカデミーSP』(テレビ朝日系)で、イケメン料理人“川越シェフ”こと川越達也氏が3年ぶりにテレビ復帰するという。

「放送では、大手コンビニチェーンが2019年に発売したオススメ商品10品を辛口採点。久々の番組収録に川越氏は、『3年間は長いようで短かったのですが、腕も舌も落ちていなければいいなあ』と語り、かなり緊張していたようです」(芸能ライター)

 番組内では、現在長野に住みながら子育てをしていることや、レストランのプロデュース業を始めたことも報告されるという。大ブレイク中だった川越シェフが突如テレビから消えたのは、ある失言が原因だったとされている。

「お店で注文していないミネラルウォーター代800円を請求されたと飲食店評価サイトのレビューに書き込まれたことに対し、『年収300万円、400万円の人は“お水にお金がかかるような高級店”には行ったことがないはず』と反論。これが庶民をバカにしていると受け取られ、世間から大バッシングされてしまいました」(週刊誌記者)

 そんな「嫌われ者」を、あえてテレ朝が番組復帰させようとしたのはなぜなのか。

「現在、放送中の、木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)の影響があったのでは。同ドラマは視聴率11〜14%前後(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とヒットしており、SNSでは『美味しいフレンチが食べたい』『グランメゾン東京見てるとお腹がすく』『ドラマに出てきた『鹿肉のロティ』が食べたい』といった書き込みが噴出しています。テレビ各局も“料理モノにハズレなし”を再認識したようで、料理企画を出すよう指示が飛んでいる。川越シェフとキムタクは年齢も同学年ですし、相乗効果を狙った可能性もある。ドラマではナッツ事件で干された木村ですが、水事件で干された川越シェフとキャラが被る気もしますね(笑)」(テレビ関係者)

 ミシュランの星を狙う高級店の『グランメゾン東京』では、水はおいくらなのか気になるところだ。

関連記事(外部サイト)