沢尻エリカ、「お金がない!」VIP病室暮らしと並行して早くも“賠償金”の値切り交渉を開始か

沢尻エリカ、「お金がない!」VIP病室暮らしと並行して早くも“賠償金”の値切り交渉を開始か

沢尻エリカ

 早くも復帰に向けたイメージ戦略が行われているようだ。

 合成麻薬MDMAを所持した麻薬取締法違反の罪で東京地検から起訴された女優の沢尻エリカ被告。今月6日に東京湾岸署から保釈されると、報道陣の前に姿も見せぬまま都内の有名大学病院に入院した。

「入院先が依存症治療の専門病院でないことや、1泊数万円のVIP病棟に入っていることなども報じられ、『本当に反省しているのか』といった声も少なくありません」とはワイドショー関係者。

 そんな中、マネジメントを担当するエイベックスは御用メディアを使って印象操作に忙しいようだ。その内容というのが「大学病院に入院したのは心身のケアのため。これから転院する」「VIP病棟ではなく、質素な病室で暮らしている」「彼女はお金ない」などなど。とりわけ、「お金がない」という部分は、一部で20億円とも言われる賠償金支払いを念頭に置いた牽制だろう。

「エイベックスは賠償金の肩代わりを渋っているといいます。そうなると、沢尻被告だけではとても払える金額ではない。値切ろうと考えていてもおかしくありません」(スポーツ紙記者)

 沢尻被告の保釈金は500万円。同じ薬物事件で逮捕されたピエール瀧が400万円、元KAT-TUNの田口淳之介と恋人の小嶺麗奈がそれぞれ300万円だったことを踏まえれば、財力はそれなりにあるようにも映るが……。

 初公判は早ければ来年1月半ばにも開かれるという。法廷で女優・沢尻エリカはどんな女を演じるのか見ものである。

関連記事(外部サイト)