白石麻衣のノースキャンダルは大したことない? 道重、ももちなど伝説的な清廉アイドルたち

白石麻衣のノースキャンダルは大したことない? 道重、ももちなど伝説的な清廉アイドルたち

乃木坂46公式サイトより

 乃木坂46の白石麻衣が、3月25日に発売される25枚目のシングルの活動をもって、グループを卒業することを発表した。2011年のデビュー以来、約8年間“ノースキャンダル”のまま卒業するということが、大きな功績であったと報じるメディアもあった。

「芸能マスコミから狙われることも多いなか、白石麻衣は確かにスキャンダルらしいスキャンダルは一切なかった。熱愛などのスキャンダルが報じられるアイドルも多いので、“ノースキャンダル”を評価する声があるのもわかります。しかしながら、もっと長い期間ノースキャンダルでいる女性アイドルはまだまだいますよ」(ベテラン芸能記者)

 そんな“ノースキャンダルアイドル”の代表的存在が、元モーニング娘。の道重さゆみだ。2003年に13歳でモーニング娘。に加入した道重は、14年11月にグループを卒業するまでの約11年間、ノースキャンダルだった。

「道重は、熱愛の噂もまったくなく、プライベートの情報が出回るようなこともありませんでした。モーニング娘。卒業後、約2年間ほど休養していたとき、あまりにも情報が出てこないので、一部のファンの間で“結婚説”が流れたこともありましたが、それも単なる妄想だった。それどころか、活動再開以降、現在に至るまで約16年くらいノースキャンダルのままというのもすごいですよ」(同)

 また、17年に芸能界を引退した、Berryz工房およびカントリー・ガールズの“ももち”こと嗣永桃子も、ノースキャンダルのまま約15年間のアイドル活動を終えている。

「嗣永も熱愛などが報じられたことはありません。唯一、『FRIDAY』(講談社)にプライベートの写真を撮られたことがありますが、それも所属事務所の裏にある公園のベンチで、Berryz工房の徳永千奈美と休憩をしていたというものです」(同)

 さらに、今年で結成12年周年を迎える、ももいろクローバーZの現メンバー4人も表立ったスキャンダルはない。

「有安杏果の熱愛が発覚したのもグループ卒業後のこと。現役メンバー4人に関しては、根も葉もない噂が立つだけで、ガチなスキャンダルが報じられたことはありません」(同)

 白石麻衣が約8年間ノースキャンダルのままアイドルとして活動していたことは、決して珍しいことではないのだ。アイドル事情に詳しい音楽業界関係者はこう話す。

「48グループや坂道シリーズなどは少々スキャンダラスな話題も多いので、白石のノースキャンダルが際立つのも分かりますが、白石にとって“ノースキャンダル”なのは当たり前のことだと思います。そこばかりをピックアップするのはむしろ失礼ですよね。ノースキャンダルのことではなく、乃木坂46を人気グループに押し上げた功績こそをしっかり評価すべきだと思います」

 いずれにしろ、見事にアイドル人生を全うすることなりそうな白石麻衣。卒業までの短い期間で、スキャンダルが発覚しないことを願うばかりだ。

関連記事(外部サイト)