ロンブー亮の活動再開にテレビ各局は及び腰? 闇営業イジりは不可避で吉本興業への配慮も

ロンブー亮の活動再開にテレビ各局は及び腰? 闇営業イジりは不可避で吉本興業への配慮も

ロンドンブーツ1号2号・田村亮

 昨年報じられた闇営業騒動で謹慎状態となっていたロンドンブーツ1号2号の田村亮が、近々芸能活動を再開すると発表した。亮は相方である田村淳が立ち上げた新会社「株式会社LONDONBOOTS」の所属となり、吉本興業とエージェント契約を締結する。まずは、ロンドンブーツ1号2号の2人でトークライブを開催し、その後、会見を開く予定だという。

「淳さんが開設したYouTubeのチャンネルが亮さんの受け口になるのではないかとも囁かれていましたが、トークライブで復帰してから、ロンブーの2人で出演していたレギュラー番組への出演という流れになると思います。YouTubeの方には、その後の様子を見つつ、スケジュールに余裕があれば出てくるという形になりそう。まずは地上波での本格復帰を最優先とするようです」(バラエティー番組関係者)

 現在、ロンブー2人のレギュラー番組は、テレビ朝日系『ロンドンハーツ』のみ。当然、このロンハーが復帰の場となりそうだ。

「ロンハーは尖った企画もできる番組なので、闇営業騒動を面白くイジりつつ、上手く復帰をさせるでしょう。むしろ、今の亮さんを受け入れられる番組は、ロンハー以外にないのでは」(同)

 謹慎処分となる前、亮はロンハーのほかに関西テレビ系『おかべろ』にも単独でレギュラー出演していた。

「『おかべろ』はすでにNON STYLEの石田(明)さんが亮さんの後釜としてレギュラーになっているので、亮さんが復帰するのは難しい。あったとしてもゲストで出るくらい。そもそも亮さんはトーク力が高いわけでもなく、単体ではそれほど需要があったタレントさんではないし、正直なところ今のバラエティー界に“居場所”はあまりない。活動を再開した後に、バリバリ番組で活躍している絵はあまり思い浮かびません」(同)

 また、亮を起用することが、制作サイドにとっての大きなプレッシャーにもなっているという。バラエティー番組などに携わる構成作家はこう話す。

「吉本芸人の闇営業騒動は、ここ最近の芸能界・テレビ界の話題としてはかなり大きなもの。現状として完全に解決したわけでもないので、世間からの注目度も高い。そんななかで亮さんが復帰するわけだから、騒動に対するしっかりとした“答え”が必要となるわけです。当然、亮さんが番組に出演するとなったら、その答えを出さなくてはならない。さらにバラエティー番組なのだから、ちゃんと面白くもしなくてはならない。制作サイドにしてみれば、吉本に気を使いながら視聴者を納得しなくてはならないので、とにかくハードルが高いんです。亮さんを出しているのに、番組の内容がヌルいものだったら、叩かれてしまう可能性も高い。そんなリスクを負ってまで、わざわざ亮さんを出そうなんていう番組はないと思います。つまり、今の亮さんを番組に出すメリットはほとんどない」

 注目度は高い亮の活動再開だが、その未来は決して簡単なものではなさそう。

「とりあえず、関係者はロンハーがどんな感じで料理をするかを見守ってから、亮さんにオファーを出すかどうかを決めると思います」(同)

 前途多難な田村亮の芸能生活。地上波での出番は激減し、YouTubeに活路を見出すという展開もありそうだ。

関連記事(外部サイト)