木下優樹菜のテレビ復帰、姉の不用意な発言でさらに泥沼化!?「セクシー写真集の噂も…」

 大晦日にお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史との離婚を発表したユッキーナこと木下優樹菜。現在、“タピオカ騒動“で芸能活動を自粛中だが、これが訴訟に発展する可能性も出てきたことから、復帰がますます暗礁に乗り上げているという。

「タピオカ店側に謝罪がすんでいないどころか、騒動の発端を作った木下の姉が、店側が半グレとつながっているようなことをママ友らに吹聴していたのが伝わって、オーナーはさらに激怒。弁護士を立てているようですから訴訟にでも発展したら、復帰はますます遠のきますよ」(テレビ関係者)

 騒動の発端は、昨年7月、木下が某タピオカドリンク店について、「ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました 20日から是非タピりにいってね」とインスタに投稿したこと。実際、木下の姉はママ友夫妻が経営する店にアルバイトとして働き始めたにすぎなかったため、「木下の店」と紹介されたことに不信感を抱いたオーナー夫妻との関係が悪化。

 結局、姉は店を辞めたが、今度は給料の支払いを巡ってオーナー夫妻とトラブルに発展。当初は、木下がインスタでこのトラブルを明かし、フォロワーに向けて「もうお店には行かなくて大丈夫です」と呼びかけたため、タピオカドリンク店のインスタグラムに中傷コメントが殺到し、炎上状態となったが、その後、木下がオーナー側に送ったとされるDMが関係者から流出し、状況が一転した。

「ウチら怒らせたらどうなるか教えてやろうか?」「事務所総出でやりますね」「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ」「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないし、ばかばかしいんだけどさー」「覚悟決めて認めなちゃい?おばたん」

 こうした恫喝・侮蔑DMを送っていたとみられる木下は、SNSに謝罪文を掲載したが、批判はやまず。舞台やイベントの降板に追い込まれ、結局、芸能活動の自粛を発表した。

「当初は、謝罪したことで騒動も収まるかと思われましたが、その後、フジテレビの情報番組が謝罪DMの全文を報道。さらに、木下がオーナー夫妻に口止めを依頼していたことも明らかになって、所属事務所のプラチナムプロダクションは木下の芸能活動の無期限自粛発表を余儀なくされました」(前同)

 そんななかでの、大晦日の突然の離婚発表。当初は、“タピオカ離婚”かと見られたが、夫婦は1年前からマンション内別居に入っていたという。

「夫・藤本のイクメンぶりもあって、“芸能界のおしどり夫婦”と呼ばれていた2人ですが、長女の進学先を巡って意見が対立。1年前に激しい大喧嘩をして以降は、互いに離婚を考えるようになり、同じマンション内で別居生活を送っていたそうです」(前同)

 子どものためにヨリを戻そうという動きもあったようだが、結局、離婚を決意。大晦日の発表となった。

 芸能活動自粛に離婚と、木下にとってはダブルショックだが、それでも木下に対するネットでのバッシングはいまだ収まっていないのが現状だ。

「木下と藤本、それに木下の母親の3人で、オーナー夫妻の自宅に謝罪に行ったものの、オーナー夫妻が不在で、謝罪にはいたっていないそうです。それどころか、トラブルの元となった木下の姉が、自分のママ友に“お店が半グレとつながっているから、優樹菜が謝ることになった”と釈明していたことがオーナー夫妻に伝わり、さらに激怒させてしまったそうです」(前同)

 店の関係者が「弁護士を立てている」と発言していることもあり、今後、訴訟に発展する可能性もでてきている。このままでは藤本の仕事にも悪影響が生じかねず、結局、タピオカ騒動が後押しをするような格好で離婚を発表したが、木下の復帰の目処は立っていない。

「たとえ復帰したとしても、もはや“ママタレ”としては需要はない。他方で、これまでインスタでビキニ姿などの露出が多い写真を投稿していましたから、セクシー写真集出版の噂も囁かれていますよ」(前同)

 木下の起死回生の復帰策に注目したい。

関連記事(外部サイト)