ブシロードが「家虎」根絶を宣言! アイドル&声優現場の“迷惑行為”はなぜなくならない?

ブシロードが「家虎」根絶を宣言! アイドル&声優現場の“迷惑行為”はなぜなくならない?

イメージ画像/出典:josemanuelerre

 ゲームやキャラクターコンテンツを手掛ける「ブシロード」の創業者である木谷高明氏が2月2日、声優・アニメ系ライブでの「イエッタイガー」(家虎)というファンによるコールを根絶するとツイッターで宣言した。同コールを発した観客の退出やブラックリスト化、さらには損害賠償請求などの法的手段に出ることも検討するという。

「イエッタイガー」は元々女性アイドル現場で一部のファンが使っていたコール。間奏明けの音がないブレイク部分で叫ばれることも多く、“曲の雰囲気を壊す”として反発するファンも多かった。アイドル事情に詳しいエンタメライターはこう話す。

「『イエッタイガー』の起源は諸説ありますが、2018年に解散したベイビーレイズJAPANの『夜明けBrand New Days』という曲で大きく広まったと言われています。この曲は人気曲ではあるものの、イエッタイガーの後にサイリウムが投げられるなどの過剰な盛り上がりを見せることもあり、マナーの悪化を助長する楽曲という見方もありました。アイドル現場では比較的イエッタイガーは受け入れられていましたが、声優系のライブでは迷惑行為とみなされることが多かった。イエッタイガーをやめてくれと要請する演者も少なくないです」

 アイドル現場や声優現場では、イエッタイガーのようなファンによる特殊な応援方法があり、その是非について議論されることも多い。

「たとえばイントロ部分なんかで“言いたいことがあるんだよ……”などと長いセリフをファンが叫ぶ『ガチ恋口上』というものがあります。ファンにしてみれば、ステージ上のアイドルや声優に対する愛情を叫んでいるということでしょうが、曲もあまり聞こえなくなるし、雰囲気がぶち壊しになることもある。ガチ恋口上もまた、一部では反発される応援です」(同)

 また、イントロ部分に入る『MIX』と呼ばれる、「タイガー!ファイヤー!サイバー!」などのコールは定番化しているが、こちらもまた反発する動きがある。

「アイドル現場で生まれたMIXですが、そもそもは大声を出して現場を荒らすような意味合いがあったんですよね。嫌がらせ起源という側面があるものを応援として採用するのはどうなのかという声も多いですよ」(同)

 ハロー!プロジェクトでは2020年1月のコンサートから、観客席におけるすべてのジャンプ行為が禁止となった。

「運営サイドがもっとも問題視していたのは、『マサイ』や『推しジャン』と呼ばれる連続ジャンプです。それをやられると後ろの人はステージがまったく見えなくなるし、よろけてぶつかるなど危険も多い。連続ではないジャンプまで禁止になってしまうことに対する反発もあるようですが、そうでもしないと連続ジャンプがなくならないということなのかもしれません」(ベテラン芸能記者)

 パンクやメタルなどラウドミュージック系のライブでは『ダイブ』『リフト』『モッシュ』などが行われることも珍しくないが、これらを禁止するアイドル・声優現場も多い。

「アイドル現場でダイブやモッシュが起きるようになった最初のころは、“アイドル現場なのにモッシュが起きるのはすごい!”という感じで捉えられていました。しかし、いつの間にか“ただ暴れたいだけ”としか思えない、マナーの悪いファンが増えてきてしまった。また、ラウド系のライブであればモッシュやダイブを想定してるファンも多いので、そういった事態になってもそれぞれが対処するんですが、アイドル現場の場合は一部のファンが勝手に暴れているだけなので、余計に危険なんですよ。ダイブやモッシュが禁止されるのは当然です」(同)

 とにかく、アイドルや声優のライブ会場では、マナーが悪い観客が一定数存在しているのだ。

「アイドルや声優の現場だけでイキってるようなファンが絶えないのは事実ですね。暴れて目立つことだけが目的のようなので、他のファンからも嫌われるし、演者もかなり迷惑していますよ。マナーの悪い客が多いと、自然と他のファンも離れていくし、運営サイドとしてはかなり深刻な問題でもあります」(同)

 応援の方法は様々だが、いずれも少なからず迷惑行為となる要素を含んでいる。運営サイドが明確なルールを設定するのも仕方ないことだろう。

関連記事(外部サイト)