Wヒロインが険悪!? 『麒麟がくる』川口春奈と門脇麦が“目も合わせない”関係に現場ピリピリ

Wヒロインが険悪!? 『麒麟がくる』川口春奈と門脇麦が“目も合わせない”関係に現場ピリピリ

NHK公式サイトより

 舞台裏では女優としてのプライドがぶつかり合っているようだ。

 長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が順調な滑り出しを見せている。初回平均視聴率19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でスタートすると第2回は17.9%、第3回16.1%を記録。前作『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の全話平均視聴率が8.2%だったことを考えると、今のところは合格点と言えるだろう。

 そんなドラマで、主演の長谷川以上に注目を浴びているのが2人の女優だ。

「濃姫役だった沢尻エリカが降板となったことで、代役の川口春奈がクローズアップされています。もちろん、彼女も初の時代劇をそつなくこなしていますが、本作のヒロインは、オリジナルキャラクターである戦災孤児の駒を演じる門脇麦です。第1話では、川口よりも出番が多く『存在感抜群』と称賛されていました」(テレビ誌ライター)

 今後は川口派と門脇派でお茶の間の人気を二分しそうだが、撮影現場では2人の険悪な関係に共演者が振り回されているという。

「発売中の『週刊現代』(講談社)によれば、2人は会話どころか目を合わせないほどバチバチ。もともと沢尻とのWヒロインのはずだった門脇ですが、メディアの話題は川口一色。門脇はそれが気に入らないようで、川口が楽屋に挨拶にいったところ、門脇に無視されたことで不仲が決定的なものに。長谷川は2人を平等に扱うように苦慮しているといい、トーク時間も均等にして、差し入れも必ず楽屋で同じ数量を手渡しているそうです」(芸能記者)

 ヒロイン争いに注目すれば、視聴率はさらに上振れするかもしれない。

関連記事(外部サイト)