マウンティングする上司を生態観察しながら逆にマウンティング『必修!マウンティング会話講座』

マウンティングする上司を生態観察しながら逆にマウンティング『必修!マウンティング会話講座』

NHK『必修!マウンティング会話講座』

 3月26日、NHKで『必修!マウンティング会話講座』が放送された。放送前からSNS上でひそかに話題になっていた番組である。

 マウンティングとは何か? 同番組はホームページで以下のように定義している。

「マウンティング。それは、ごく自然な会話のようで、うっすらと自分の優位性を忍ばせる行為。本来は、サルなどが序列確認のために行う自己顕示行為を指しますが、人間社会ではやっかいな『言葉のバトル』となり、その真意を探るには、高度な読解能力が必要です」

 人間の多くは優越感を欲している。だから、意識的にも無意識的にも「言葉のバトル」を仕掛け、相手の優位に立とうとするのだ。

 今回、番組は広告業界のオフィスにフォーカスした。部署間や先輩後輩間のやりとりを通じ、人間を生態観察する。なぜなら、オフィス内では見えないバトル=マウンティングが日々繰り広げられているからである。

マウンティングされたら褒めればいい

 番組のフォーマットは、Eテレの外国語講座と酷似している。最初に寸劇で具体的な事例を提示し、講師役のアルコ&ピース・平子祐希が言葉の真意を解説する。さらに、実際に広告会社に勤務するサバ缶さん(男性/30代)とさゆりさん(女性/20代)が、実体験に基づいたコメントを挟み込むという形だ。

 例えば、こんな事例が紹介された。ある上司が部下を呼び止め、説教をし始める。

「あのさあ、早くライン(報告・指示の伝達系統)上げてこいよ。これ、早くフィックスしないと、先に向こうのラインで上がっちゃうと上でコンフリクト(混乱、衝突)すっから! 大大大大大至急。てかさあ、PDCA(計画→実行→評価→改善)理解してる? これさあ、スタートアップ(急速に伸びている新規事業)だったら完全に仕事逃してるよ!? 日経平均とかトピックスだけじゃなくてさあ、FOMC(アメリカの金融政策を左右する委員会)くらい押さえてるよね。ねえ?」

 説教からパワハラへ突入してしまった厄介な状況。パッと見はそう思えるが、真意は違うらしい。

「これは、クソバイス型マウンティングです。聞いてもいない無駄にデカくて抽象的なアドバイスを一方的に話すんですねえ。指導されてると思ったら、いつの間にかビジネス知識自慢にすり替わっているというのが常套手段です」(平子)

 なぜ、こんなマウンティングをするのか? その理由として、「不安」が大きく作用していると平子は解説した。

「やはり、脂の乗ってきた後輩に対して“部の稼ぎ頭はまだ俺なんだ!”と確認したいんだと思います」(平子)

 この説教が、なかなか終わらない……と思いきや、実はとっくに終わっていた。先輩の中では楽しくダベっているフェイズへ移っているらしい。一方、いつまでたっても業務に戻れない後輩は、先輩の机上にある雑誌を手に取った。実は、その雑誌には先輩が受けたインタビュー記事が掲載されているのだ。

「先輩、インタビュー見ましたよ」(後輩)

 すると、先輩の態度は一変する。なんのことはない、彼はずっと雑誌の話をしたかっただけだった。

 この事例でわかるのは、ひとつの真理だ。マウンティングをする人は、心が満たされていない。つまり、褒められたい。だけど、コミュニケーションの仕方がわからないから、別の話題で相手をつかまえる。そして、マウンティングで自分を満たそうとする。

 ならば、対策法はひとつだけである。マウンティングされたら、褒めてあげればいい。そうすれば、事態はややこしくならないはずだ。

 ただ、褒め方にもバリエーションがある。シチュエーションごとに正解は異なる。参考にしてほしいのは、以下の事例だ。

 同期と比べ、仕事での実績がない先輩が、ある後輩をつかまえて説教を始めた。

「仕事ばっかりやってても、人脈は作れないから。KGI(経営目標達成指標)よりQOL(クオリティ オブ ライフ)だよ」

 この先輩は何が言いたいのだろう? 自分には“仕事のできる上司”のキャラは難しい。だから、“うらやましいプライベートを過ごしている先輩”として地位を確立しようとしているのだ。

 サバ缶さんとさゆりさんも、この手の上司には既視感があるようだ。

サバ缶「ハハハ! いますよね。鎌倉辺りに生息している」

さゆり「そっちに行ったんだな〜みたいな(笑)」

 そう、よくいるタイプなのだ。だから、最適な対策法はすでに確立済みだ。別の社員が2人の会話に割り込み、上司に話しかけることで助け舟を出した。

「最近、Facebookに海の写真上げてますよね? 視座の高さが違いますね〜」

「視座が高い」なんて言葉、初めて聞いた! これは広告業界で頻出するワードで、「レベルが高い」という意味のようだ。紛れもなくパワーワードである。OK、覚えた。今度、面倒くさいときに使ってみよう。

 パワーワードはほかにもある。自分が書いたFacebookの記事に「いいね!」を押してくれなかったことにへそを曲げる先輩。後輩は「(投稿の)アルゴリズム、イケてないですね」と言い訳をし、言葉を続けるのだ。

後輩「ちょっと、マーク(Facebook創設者のマーク・ザッカーバーグのこと)に言っといてくださいよ!」

先輩「さすがに知らねえわ(笑)」

後輩「とか言って、1個飛ばしたらつながっちゃうんじゃないですか〜?」

 ちょっと人脈をたどれば、世界のマーク・ザッカーバーグにもつながっているんじゃないですか? という返し。純粋な仕事の成果ではなくコネクションを誇る先輩にとっては、言われて一番うれしい言葉である。

 2つの事例を並べると、なんとなく見えてくるはずだ。マウンティングを受けたら、自分を下げるor相手を上げるで相手を満足させないと終わらない。でも、シチュエーションごとに正解は異なる。答えを間違えると、目的のない禅問答はエンドレスである。

サバ缶「日常的にマウンティングは起きてて、話が長い人が多いので、それをいかに速やかに終わらせて仕事に戻るかっていうのが働き方改革ですね」

さゆり「“あ、はい。はい”とか言ってると上司は怒っちゃうんですけど、“すご〜い!”とか言っとくとすぐ終わるんで。そっちのほうが実はラクっていう処世術というか(笑)」

 しかし、先輩は先輩で、ただマウンティングしてるだけじゃなかった。飲みニケーションがなくなり、文化の大断絶が起こった広告業界。部下とどう接していいか苦慮する彼らは、古株なりに目線を下げようとした。飲み会以外で部下を誘う方法を話し合ったのだ。結果、導き出されたのは「脱出ゲーム」へのお誘いである。上司から部下へ、以下のようなメールが送られた。

「来週の金曜19:00から、新宿で『脱出ゲーム』に参加するのですが、メンツが足りていません。4人一組なのですが、今、あと2人探しています。○○さんの、臨機応変な対応力と、女性ならではの柔軟な発想。△△君の、我々世代にはない角度からの発言、ひらめきに期待しています。業務ではありませんので、ご都合つけば、ぜひ」

 このメールを見て、広告業界に生きる若手2人は失笑した。

サバ缶「金曜っていうのがイヤだなっていうところからスタートしながら、よく考えられてんなあって。“臨機応変な対応力”とか、こっちに気を使って言ってることが逆に考えすぎてて……。あざとさを感じますね」

 いかがだろうか? 忌憚ない印象を言ってしまうと、この若手社員2人も相当である。終始、「先輩たちから構われて困ってる〜」と言わんばかりに上から目線がだだ漏れしているし、上司を小馬鹿にして笑い続ける性悪さも感じてしまう。

 今回のこの番組は、上司→部下のマウンティングを生態観察するだけでは終わらない。俯瞰すると気づくはずだ。実は、「若い世代が上司をマウンティングする」というスタンスを取る番組だったのだ。

 クソバイスをしてマウンティングする上司。でも、アドバイスしていると思っている側が若手にマウンティングされる側面も存在する。もはや、やってやられてが永遠に続く地獄。出口のない戦争である。

 番組として見る分には面白いマウンティング会話。でも、当事者になったら……と想像すると、吐き気を催してしまう。より一層、会社に行きたくなくなる。上下左右、四方八方から交錯するマウンティング。地獄でしかないオフィス。思えば、夢のないオチである。

 今回は広告代理店がフォーカスされたが、ほかの職場もこんなに地獄なのだろうか? もし次があるのなら、今度は別の業界が舞台の講座を見てみたい。

関連記事(外部サイト)