木村拓哉「ありのままを知ってほしい」と熱弁! YouTubeで医療従事者からの手紙を朗読し大反響

木村拓哉「ありのままを知ってほしい」と熱弁! YouTubeで医療従事者からの手紙を朗読し大反響

(c)日刊サイゾー

 新型コロナウイルスの感染拡大により、医療崩壊の危機が叫ばれているが、そのシビアな現状を伝えるため木村拓哉が一肌脱いだ。

 4月25日、ジャニーズオフィシャルYouTubeチャンネルで「Smile Up ! Project 〜現場からの手紙〜 木村拓哉」と題された動画が公開された。木村は動画をあげたきっかけについて、2017年に主演したドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS)をあげ、そこで医療監修を勤めた先生と最近の状況についてメールでやりとりしたと説明。「僕らが耳にしてるイメージとほんの少しなんですが、医療現場とのイメージにギャップがある」とコメントし、医師、看護師、医療事務それぞれから送られた手紙を朗読した。

 手紙には現場で働く人々の苦悩と葛藤が綴られており、木村は神妙な面持ちでそれらを読み終えると「ありのままの医療現場を知ってほしいと思い、伝えさせていただきました」と言い、改めて医療従事者たちへの感謝の気持ちを述べた。スポーツ紙記者は今回の動画についてこう語る。

「TOKIOの城島茂さんや、V6、関ジャニ∞などジャニーズのアイドルたちがさまざまな動画をあげてきた『Smile Up ! Project』ですが、今回の動画は木村さんにしかできない内容でしたね。というのも、今医療従事者の間では『マスコミアレルギー』を強く持っている方も多いと聞きます。例えば、PCR検査を拡大すべきという論調には、医療従事者の間でも賛否ありますからね。PCR検査について煽るような報道に不満を抱いている人も結構いて、マスコミへの批判も多い。それでも木村拓哉が動けば、現場の声がこれだけ集まるわけです。これはなにげにすごいことだと思いますよ」

 現在動画のコメント欄には、医療従事者への感謝の声が溢れている。また、「わたしも医療従事者ですが、励みになりました」といったコメントも書き込まれており、多くの人が木村の動画に刺激を受けたようだ。医療現場の切迫した状況、そこで働く人々とその家族に対する差別の実態なども伝えられる昨今、木村の真摯な啓蒙活動がいい影響を及ぼすことを願いたい。

関連記事(外部サイト)