櫻井翔、菊池風磨、那須雄登……「高学歴ジャニーズ」はなぜクイズに弱い?

櫻井翔、菊池風磨、那須雄登……「高学歴ジャニーズ」はなぜクイズに弱い?

(c)日刊サイゾー

 4月20日、Twitterのトレンドに「正岡子規」がランクインした。

 これは同日放送の『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』(テレビ朝日系)の出題から。なぜ話題になったかというと、ジャニーズJr.のユニット「美 少年」メンバーの那須雄登が「近年 新発見があった明治の人物」というテーマにおいて、誰もがわかる正岡子規の特徴的な横顔の自画像を見て、その名がなかなか答えられなかったため。

 まだCDデビューもしていないジャニーズJr.の残念な結果自体は、本来、それほど注目することでもないだろう。しかし、それがトレンド入りしてしまったのは、彼が慶應義塾大学1年生だったためだ。

 番組ではご丁寧に「4月から慶大生」とテロップまで出して紹介していただけに、Twitter上では以下のようなコメントが続出していた。

「慶應内部で正岡子規答えられないとか知能低すぎるだろ。ていうか、大学受験してまともに勉強した人ならだれでも答えられるだろ」

「本人の写真出てるのに、正岡子規が分からないって相当だよな」

「慶應ボーイ正岡子規知らんのヤバくね」

「正岡子規が分からないとか慶應義塾大学大丈夫?」

 ただでさえジャニーズは叩かれやすいのに、そこに「高学歴」がプラスされているのだから、アンチでなくとも反応してしまうのは、仕方のないことかもしれない。

 あるテレビ誌記者は言う。

「現役大学生あるいは有名大出身ジャニーズを『インテリジャニーズ』『高学歴ジャニーズ』としてクイズ番組などにプッシュするのは、むしろ彼らの足を引っ張ることになるのではないかと思います」

 例えば、AO試験で慶大に進学したSexy Zone・菊池風磨は、同じく『Qさま!!』に出演した際、「ロシアに隣接する国・地域は?」と聞かれ「ペルー!」と答えたことで、大いに話題になっていた。

 また、同じく慶大出身の櫻井翔も、小学校の教科書に出てくる「田沼意次」が読めなかったことは、今も語り草になっている。そのほかに、『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出た際、土筆(つくし)を「たけのこ」と読んだり、『news zero』(日本テレビ系)内で馬鈴薯のニュースを読んだ有働由美子アナに「ばれいしょってなんですか?」と無邪気に質問したりと、漢字や言葉の知識の貧弱さ・常識のなさをたびたび露呈してきた。

「ただ、彼自身、“インテリ売り”されることに抵抗感を持っていて、『嵐にしやがれ』(同)にSexy Zoneが出演した際に、同じ慶應の菊池くんに対し、『インテリ担当公言しちゃうとマジつらいぞ』『クイズ番組では間違えられない。ちょっとした漢字の間違いでおバカ扱いされる……』と語っていたくらいなんですよ」(同)

「高学歴ジャニーズ」がクイズ番組で失態を見せるたび、「ああ、AO入試か」「内部進学だもんな」「通信か」などと見下す発言がネット上などでは続出する。

「ただ、今回の那須くんの場合は、内部進学といっても、幼稚舎からのエスカレーターではなく、難関の中等部には受験で入ったわけですし、得意なのは数学とのことですから、文系科目が苦手なのでは?」(同)

 また、ジャニーズに詳しく、自身が漢字検定準1級を持つ記者は言う。

「『高学歴ジャニーズ』といわれる人は、AOなどを除くと、今回の那須くんや、明治大学理工学部に一般入試で入ったHey! Say! JUMP・伊野尾慧くんのように、理系の人が多い印象です。でも、クイズ番組では、漢字や文学史、歴史等の文系知識を問うものが多いですよね。特に漢字問題は、2級までは高卒レベルで、勉強がそこそこ得意だった人、本をたくさん読んでいる人であればある程度わかる問題ばかりなんですが、準1級からは完全に趣味、マニアの領域。まして一般人と違い、子どもの頃から仕事をしてきたジャニーズの場合、暇な時間などおそらくあまりなく、幼少期から蓄積された読書量が少ないために、漢字がウイークポイントであるケースが目立ちます。

 ですから、『インテリジャニーズ』を売り込みたいのなら、知識を問う番組ではなく、もう少し理系の人が活躍しやすい、ひらめきや頭の回転の速さを問う問題が出題されるクイズ番組に絞って出したほうがよいのではないでしょうか」

 ちなみに、クイズ番組で無事活躍できている「高学歴ジャニーズ」といえば、Snow Manのメンバーで、上智大学大学院理工学研究科卒の阿部亮平が思い浮かぶ。

 彼は難関の気象予報士試験にも合格しているほか、クイズの研究にも余念がなく、1月24日放送の『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(日本テレビ系)では、番組史上2人目となる全問正解を達成、見事300万円を獲得していた。

 しかし、そんな彼すらも、同番組の最終問題が「冬の大三角形」を問う易しい内容であったことから、一部では「簡単すぎる」「ジャニーズだから忖度か」などという批判にさらされてしまっていた。

 剛腕を振るう滝沢秀明副社長の営業力は確かにすごい。しかし、冒頭の那須雄登のように、未来ある若いジャニーズが不要なバッシングを受けることを避けるためにも、クイズ番組に「高学歴ジャニーズ」をプッシュしまくる作戦については、番組や人選をもう少し考えたほうがよいのではないだろうか?

関連記事(外部サイト)