松本人志「無利子100万円貸付」の裏側…素行が悪い芸人はNGでスルーする若手も多数!?

松本人志「無利子100万円貸付」の裏側…素行が悪い芸人はNGでスルーする若手も多数!?

ダウンタウン・松本人志

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くのお笑いライブや営業が中止となり、収入減にあえぐ芸人たちが急増中。そんな状況に助け舟を出したのが、お笑い界のドン・ダウンタウンの松本人志。松本は収入が減った吉本芸人たちに、自腹で上限100万円を貸し出すというのだ。とある吉本興業関係者は明かす。

「松本さんによる貸付の話は本当です。無利子・無担保で上限100万円を貸してくれるということで、若手芸人たちにインフォメーションが回ってきました」

 一部メディアでは貸付する条件として「オモロイやつ」というものがあるとも報じられたが、実際のところは事情が違うようだ。

「これに関しては、明確な基準があるわけではありません。借り入れを申し出るにあたって、何か特別なプレゼンをしなければならないということは聞いていません」(同)

 しかし、誰でも松本からお金を貸してもらえるわけではなく、それなりの審査があるという。お笑い業界関係者はこう話す。

「松本さんの審査というよりも、吉本社内の審査があるようです。たとえば、以前から多額の借金がある芸人や、過去に吉本から注意を受けるような行為を繰り返していた素行不良の芸人は、松本さんのところに話が行く前に、社員がNG判定を出すとか。特に反社との交友が噂されている芸人は完全にアウト。実際に借り入れを申し出たのに、突き返されてしまった芸人もいます」

 それにしても、無利子無担保で100万円借りられるというのは、オイシイ話だ。しかし、飛びつこうとしない芸人も少くないという。

「もし松本さんに100万円を借りたら、これからずっと松本さんの“支配下に入る”ことになるわけです。もちろん、むしろそれを狙う芸人もいるでしょうけどその半面、それだけは避けたいという芸人も少なくない。松本さんが“芸人ファースト”を推し進めていたとしても、結局松本さんは会社の上層部と強く繋がっていますからね。吉本上層部に不信感を抱いている若手芸人にしてみれば、松本さんと近づくことは、これまで以上に会社の意向に縛られるということになる。100万円を借りてしまったら、いざというときに吉本を辞められなくなる……ということで、今回の話をスルーする芸人たちもいるということです」(同)

 困窮する若手芸人たちのことを思って動いた松本人志だが、その若手芸人たちとは少々温度差がありそう。吉本内部の問題はなかなか根が深そうだ。

関連記事(外部サイト)