嵐・櫻井翔が『news zero』復帰も、ジャニーズが報道番組に出演するリスクを露呈か

嵐・櫻井翔が『news zero』復帰も、ジャニーズが報道番組に出演するリスクを露呈か

嵐の櫻井翔

 体調がすぐれずに報道番組『news zero』(日本テレビ系)の欠席していた人気アイドルグループ・嵐の櫻井翔が4日放送の同番組で復帰した。

 欠席前までは普段出演しているスタジオからメインキャスターの有働由美子とともに出演していたが、この日は別の場所からリモート出演の体裁をとった。

 冒頭、本人は欠席したことを謝り自宅で過ごした日々を「掃除、体を動かすようにした」と回顧した。同局関係者は「彼の場合は微熱程度だったこともあり、大事を取って休んでもらったが背景には出演者から罹患者を出した『報道ステーション』(テレビ朝日系)の対応のまずさを反面教師にしている部分はある」と明かす。

 そもそも、昔は音楽番組しか出演しなかったジャニタレはバラエティー界を席巻した次に乗り込んできたのが報道番組だった。

「櫻井の先輩の東山紀之、城島茂はいずれもテレビ朝日の報道情報番組でMC、キャスターをやっています。櫻井も仕事の幅を広げたい事務所側の思惑と、普段報道番組を見ない視聴者層を取り入れたい日テレ側の利害関係が合致したことで出演が続いている」(芸能関係者)

 だが、昨今の社会情勢を考えた場合、「局アナでも罹患すればあれだけ騒ぎになるわけで、今後仮にもジャニタレが罹患した、なんて事態になればタダでは済まない。スタジオ回しをするなら他のアナウンサーだけで十分、やれますしね。それでもジャニタレを出演させ続ける理由を局側が明確にしないと、今の状況ではリスクにしかならないのでは」(同)と手厳しい。

 それでも、バラエティー番組が次々と収録が止まっているなかで、くだんの3人の番組は今後も続くのはいうまでもない。売れっ子芸能人とはいえ定期的に仕事があり、収入が途絶えない意味では報道・情報番組に食い込めたのはある意味、大きかったかもしれないが……。

関連記事(外部サイト)