ダレノガレ明美がご乱心、『イッテQ!』本当の降板候補は……週末芸能ニュース雑話

ダレノガレ明美がご乱心、『イッテQ!』本当の降板候補は……週末芸能ニュース雑話

ダレノガレ明美

ダレノガレ明美がご乱心

デスクH 先週から、ダレノガレ明美がご乱心だね。

記者I AERA dot.で報じられた薬物疑惑について、SNSで言及。あらためて否定した上で法的措置をとることも示唆したところ、当該記事が削除されたため、「消すなら書くなよ!」ってブチギレたやつですね。さらにダレノガレは身の潔白を証明するため、毛髪検査を受けることも明らかにしました(参照記事)。

デスク ダレノガレや所属事務所からの猛抗議を受け、AERA dot.は14日、謝罪文を掲載したけど、ダレノガレは「正直納得できない」とかみついていたね。ダレノガレは7月に長年の夢だった美容クリニックを開業する予定で、大事な時期にこんなフェイクニュースを流されたらとんだ営業妨害だってわけ。

記者 1年ほど前から研修や勉強会などへの参加を重ねていたそうで、口だけじゃなかったようです(参照記事)。

デスク 美容クリニックといえば、昨年10月に明日花キララがプロデュースする「TOKYO ACE CLINIC」もオープンしたね(参照記事)。女性からカリスマ的人気を誇る明日花とあって評判上々のようだけど、ダレノガレも何かと比べられそうだなぁ。

記者 過去には整形した友人をバカにするようなツイートをして炎上したこともあるダレノガレだけに、顧客とトラブルを起こさないといいんですが……。

デスク ガセといえば、東スポが『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)からイモトアヤコと森三中が降板し、3時のヒロインが加入するって報じたけど、速攻で本人たちが否定してたね。

記者 とはいえ、番組がマンネリ化しているのは事実。さらに、新型コロナウイルスの影響が長引けば、番組の売りである海外ロケも立ち行かなくなるので、新しい名物企画などテコ入れは必須。そんな中、「番組出演者の一部が変更されるらしい」という情報をキャッチした東スポの飛ばし記事だったようです。

デスク この報道を受け、赤っ恥をかいたのがイモト。東スポでは、「女優一本でいきたいイモトが降板を申し出た」なんて書かれていたけど、『家売るオンナ』(日本テレビ系)や『下町ロケット』(TBS系)での好演が評価されたとはいえ、しょせん“お笑い芸人にしては演技がうまい”のレベル。女優一本だなんておこがましい、という意見がネット上では噴出してた(参照記事)。

記者 イモトは『イッテQ』の顔ですし、スタッフがそう簡単に手放すわけないですからね。『イッテQ』といえば、NEWS手越祐也が、また文春砲にやられてました。

デスク 4月下旬とGWに、自宅に女の子を呼んでパーティーしてたってやつね(参照記事)。ジャニタレが一丸となって、SNSやYouTubeでステイホームを呼び掛けている最中、何やってんだか……。

記者 手越の女遊びは今に始まったことではないですが、報道を受け、ジャニーズは15日、期間限定ユニット「Twenty★Twenty」(トゥエンティー・トゥエンティー)から、手越を除外することを発表。藤島ジュリー景子社長のお気に入りということで、これまでスキャンダルを起こしてもお咎めなしの手越でしたが、滝沢副社長はタレントの管理に厳しいですからね。このまま“テレビ追放”というのも、なくもなさそうです。

デスク 『イッテQ』のリストラ最有力候補は手越ってことか。手越は事務所を退所する方向で調整しているなんて話も出てるけど(参照記事)、果たしてどうなるのか……。

記者 ドラマ界では過去の人気ドラマの再放送が続いていますが、再放送されたことで、逆に評価を落とす作品も出てきているようです。

デスク それ、『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)のことだね。佐藤健と上白石萌音のツンデレラブストーリーが大ヒットとなったけど、異例のスピード再放送で、熱狂的ファンからも、「冷静に見ると気持ち悪い」って声が相次いでるんでしょ?(参照記事)確かに僕もリアルタイムではキュンキュンしながら見てたけど、再放送では「濃厚接触多すぎじゃねぇ?」って何回ツッコんだことか……。

記者 『恋つづ』はほかの恋愛ドラマに比べて生々しいラブシーンが多いのが特徴だったんですが、時期が時期だけに、“濃厚接触で不衛生”と思う人も多かったようです。新型コロナ禍で人と人の距離感が変化し、それに対する視聴者の生理的反応の変化は、今後もドラマや映画にも少なからず影響を与えそうです。

デスク アフターコロナで、エンタメの捉え方も変わることは間違いないね。制作サイドは大変だ!

関連記事(外部サイト)