関ジャニ・大倉忠義、女性からの「責任取って」を嫌悪するのは特殊な結婚観ゆえ?

関ジャニ・大倉忠義、女性からの「責任取って」を嫌悪するのは特殊な結婚観ゆえ?

(c)日刊サイゾー

 5月17日に放送されたバラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)にて、関ジャニ∞・大倉忠義が放った一言が、ファンの間で注目を浴びている。

「番組では『教科書に【袋とじ】で載せたいオトナの名曲特集 第2弾』と題した、さまざまな楽曲を専門家が解説するコーナーを放送。その中で、歌手・奥村チヨの『責任とって 責任とって あなたも男なら』という歌詞が紹介されたのですが、これに大倉は『女の人は“責任取って”ってすぐ言いたがる!』と、実体験に基づいているかのようなコメントで反応しました」(テレビ誌ライター)

 すると、ジャニーズファンの間では「大倉くん、この話題の時ずっと微妙な顔してた」「どれだけの女性からこの言葉を言われたの?笑」「色々あったんだろうね……」と話題に。

 さらに、大倉が過去に噂のあった女優の顔を浮かべてしまう視聴者も続出しているようだ。

「大倉といえば2014年頃、芹那との熱愛が発覚するも、1年以上の交際の末に破局しました。彼女は本気だったようですが、SNSでの匂わせ行為などが原因で大倉をあきれさせています。その後、芹那は仕事が激減し、表舞台からほぼ姿を消しました。また、16年には、吉高由里子との“マンション通い愛”がスクープされましたが、こちらも18年に破局したといわれています。吉高は若い時から『20代で結婚したい』と言っていたものの、18年に30歳を迎えており、大倉の煮え切らない態度が破局につながったとの噂もある。それだけに『関ジャム』での発言は、『芹那か吉高に言われた言葉なのでは?』と臆測測が飛び交う事態となっています」(芸能記者)

 大倉が責任を取らなかったのは、自身の結婚観が影響している可能性があるという。

「大倉は19年のバラエティー番組で、自身の結婚観について『子どもは欲しいけど、お金を取られたくない』『離婚したら、金銭が発生するじゃないですか』と、離婚を前提にしたトークを展開。『結婚してからのお金は取られるわけでしょ。そこから稼いでもうたらどうすんの?』と財産分与を心底嫌がっていました。モテ男の大倉ですが、結婚を迫る女性たちからはずっと逃げ回ってきたのでしょう」(前出・芸能記者)

 今後、大倉と交際する女性は、やり捨てされることを覚悟したほうがよさそう?

関連記事(外部サイト)