タッキー、映画監督デビューもファンの恨み買いアンチ急増中! 原因はジャニーズの“歌舞伎化”にあり!?

タッキー、映画監督デビューもファンの恨み買いアンチ急増中! 原因はジャニーズの“歌舞伎化”にあり!?

(c)日刊サイゾー

 アイドルを引退し、ジャニーズ事務所の副社長に就任した滝沢秀明が、今度は映画監督デビューを果たすと発表された。

 滝沢がデビューからプロデュースを手がけてきたSnow Manをメインキャストに据え、自身が長年主演を務めてきた舞台『滝沢歌舞伎』を映画化した『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』を製作し、年内に公開する予定だという。

 この発表にSnow Manファンは沸き立っているが、一方で恨み節が止まらないのはNEWSのファンだ。新型コロナ自粛下での夜遊びがたたり、芸能活動休止を余儀なくされた手越祐也だが、一部のファンはこれを「滝沢のせい」だと訴え、「絶対に許さない」と声を上げているのだとか。芸能記者の話。

「一部報道で、手越にペナルティーを与えたのが滝沢だと伝えられ、ファンはショックを受けたようです。ただ、滝沢の意向はあったにせよ、独断でタレントの人事を左右できるほどの力はまだないでしょう。やはり、ジャニーズ社内では藤島ジュリー景子社長の力が一番大きいですからね。しかし、ファンはジュリー社長の顔は浮かばなくとも、滝沢の顔は浮かぶ。わかりやすい対象に恨みをぶつけることでしか、手越ショックを発散できないのでしょう」

 ところが、滝沢に反発しているのはNEWSのファンだけではない。先日の、チャリティーを目的とした所属タレント勢揃いのユニット「Twenty★Twenty」発足時にも、滝沢がプロデュースを担当することに一部のジャニーズファンからはブーイングが起こった。

 というのも、この「Twenty★Twenty」という名称は、生前のジャニー喜多川が2020年のオリンピックに向けジャニーズJr.40人で構成されたユニットにつけた名前だったのだ。このユニット計画はいつの間にか立ち消えになってしまったが、同じ名前を使ったため「ジャニーさんが考えていた『Twenty★Twenty』とは違いすぎる」とファンは不信感を抱いたようだ。こうしたジャニーズファンからの手厳しい意見に、カルチャー誌などで執筆するライターのA氏は「これもタッキーの宿命でしょう」と語る。

滝沢にアンチが増える2つの理由

「タッキーにアンチが増えるのには2つ理由があると思います。ひとつは、特定のグループを贔屓していると見られているから。今回発表された映画『滝沢歌舞伎』も、タッキーのお気に入りともっぱらのSnow Manを起用しているものだから、ファンも『またかよ』という気持ちになるんでしょう。ただ、彼もプロデュース業に関してはまだ手探りで、何をするにも成功するかどうかわからない状態です。そうした中で、自らプロデュースを手がけるSnow ManやSixTONESを『実験台』にしている部分はある。正直、映画も当たるとは思えない(笑)。一方では贔屓と見られるかもしれないけど、Snow ManやSixTONESはタッキーのおぼつかないプロデュースのリスクを背負わされてる部分もあるでしょう」

 さらに、2つ目の理由としてはジャニーズの「古典芸能化」に起因しているのではないかと続ける。

「ジャニーズ事務所ができて半世紀以上がたってますから、もはやただの『いち芸能事務所』というよりは、一種の『古典芸能』のようになってきている。歌舞伎のようにジャニーズの表現の中にもジャニー喜多川さんが作ってきた『型』のようなものがあるし、いわゆる『ジャニオタ』と呼ばれてる人たちは、ファンというよりも『見巧者』に近い(笑)。つまり、ジャニーズの伝統を重んじる古参の客が多いんですね。そこに新参のタッキー副社長が現れて、どんどん新しい風を吹かせようとすれば、そりゃ自ずと反発が起こるでしょう。

 でも、歌舞伎だって伝統にとらわれすぎて一時期はファンを減らしたわけですから、ここはタッキーに憎まれ役も引き受けてもらいつつ、新しいことをどんどんやってほしいですけどね」(前出のライターA氏)

 ジャニー喜多川が、タレントにもファンにも愛されるプロデューサーであったことはよく知られた話だが、はたして滝沢もその背中を追うことができるのだろうか。滝沢のプロデューサー人生はスタートしたばかり。まずは映画の出来栄えに期待したい。

関連記事(外部サイト)