若い世代にわかる漫才を心掛けるEXIT、わからない漫才をぶっ放すナイツ

若い世代にわかる漫才を心掛けるEXIT、わからない漫才をぶっ放すナイツ

吉本興業公式サイトより

 5月17日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)でのEXIT・兼近大樹の発言が物議を醸している。テーマは、世代間のギャップについてだ。

「最近までずっと中堅層がテレビ出てたんですよ。だから、若い子たちはそのお笑いしか見れないんで、お笑い界が廃れていってた感じがすげえして。僕の代って初めて舞台に立ったらお客さんが2人しかいなかったんですよ。お笑いライブにお客さんが来ないっていう。その理由って、活躍してる芸人たちが例えるのが『ドラゴンボール』だったりするからなんですよ。昔の芸能人の名前とか、プロレスとか。……プロレスとか、マジ意味わかんなかった! プロレス技とかプロレスの人とかで例えてきたりするけど、こっちは気遣って笑うしかできないんですよ。“何言ってるんだろう、この先輩たちは!?”っていう。それを若い子たちが見てたから“わかんないから見なくていいや”で、お笑いから離れていったと思うんですよ」

 EXITはその状況を打破するため、意識的にネタを作っているという。

「僕は若い子がトレンドを作ると思うんで、『あつ森』を入れたりとか、それこそ『鬼滅の刃』とかやってたほうが若い子は面白いんですよね。でも、その分、上の人たちは離れていくと思うんですけど」(兼近)

 中堅芸人のネタで無邪気に笑っていた層からすると、若い世代の思いにはまるで気づいていなかった。というか、ほとんど眼中になかったと言ってもいい。お笑い第7世代がテレビ界を席巻し始めた今、その状況も徐々に払拭されつつあると思う。それは喜ばしいことだ。

「本当に面白い話は、周りの2〜3人しか知らないこと」

 兼近は何も「上の世代(芸人も視聴者も)を駆逐しろ」と言っているのではない。旧世代への気遣いも、彼の発言からはちゃんとうかがえる。「『あつ森』を入れたら上の世代は離れていく」と認識している点など、彼は本当にクレバーだと思う。

 そして、大事なのは「何を言っているかわからないけど面白そう」という笑いも存在するという事実だ。これは筆者の実体験だが、幼少期に売れている芸人の漫才を見ていると、知らない単語がバンバン出てきた。でも、客席はガンガン沸いている。この光景を見て「いつかこのセンスで笑える大人になりたい」と、自然と知識を蓄えるようになり、それがいつしか自分の琴線(ツボ)になった。こんな経験を持つお笑いファンは少なくないと思う。それこそ、ケンドーコバヤシのプロレスネタで、その道筋をたどった人は多いはずだ。

 誰にでもわかる情報より、マイノリティに刺さるネタのほうが鋭角的になりがち。それを、我々は身をもって知っている。何をもってマイノリティとするかは、時と場合による。世代、趣味嗜好、性別や生まれ育った地域による場合もある。

 芸人側から言わせると、理解されることを放棄し、最初から置いてけぼりの笑いに照準を絞る手法だってあるはずだ。ビートたけしから「本当に面白い話っていうのは、周りの2〜3人しか知らないことなんだぜ」と言われ、とんねるずの石橋貴明が感激したというエピソードは、まさにそれを指しているように思う。

 5月23日放送『ENGEIグランドスラム リモート【離れていても心は一つ!】』(フジテレビ系)でトップバッターを務めたナイツが飛ばしていた。

塙「僕、許せないなと思うのは首都高で何周か回ってタイム競う人いるじゃないですか。危ないでしょ? あの、ルーレットマンでしたっけ」

土屋「ルーレット族だよ。ルーレットマンは昔、『志村けんのだいじょうぶだぁ』で出てきた人間ルーレットするキャラクターだよ。懐かしいな」

 いきなり爆笑してしまった。はっきりと、ここで彼らにつかまれた。「ルーレットマン」なんて何十年ぶりに耳にしただろうか? 司会者席を見ると、ナインティナイン・岡村隆史が顔を横に向けてツボに入ったようなリアクションをしている。一方、隣にいる松岡茉優は見事に愛想笑いだ。

 申し訳ないが、40代以上からすると、このくだらなさは何物にも代えがたい。世の中全員が知っているような前提で、ほぼほぼの人が知らない情報をしれっとぶっ込んでいったナイツ。きっと、彼らは確信犯のはず。これぞ置いてけぼりの笑いだ。

 その後も、ナイツは止まらなかった。「新型コロナウイルスの騒動が収まったらカラオケに行きたい」という話題になり、塙が「あの曲を歌いたい」と選んだのは少年隊の「君だけに」である。令和の時代に昭和62年のヒット曲を堂々とゴールデンタイムで歌い上げる漫才師。第7世代たちがまじまじと見つめているというのに、まったく意に介していない。さらに、米米CLUB「君がいるだけで」、平松愛理「部屋とYシャツと私」、しまいにはラッツ&スターの情報まで盛り込んでいった、日和る気皆無の塙と土屋。

 内容が理解できたとしても、笑えないものはやっぱり笑えない。一方、中堅から離れた客層が明らかになった上で繰り出されたナイツの無茶な漫才はどうか? 20代にはわからないであろう内容をポップな顔してぶっ放していく姿は、余計に笑えた。いくらなんでも、フリが効きすぎている。笑ってしまったのだから、その事実の前にはどんなご託も不毛である。

 世の中が“みんながわかる笑い”ばかりになったら寂しい。各々に細かく突き刺さる“置いてけぼりの笑い”は、これからも残り続けてほしい。そして、時にはそれぞれの趣味嗜好の間で異文化交流ができれば、最高だ。

関連記事(外部サイト)